キャッシングは1万円単位からしかできないの?

ママ友とのランチなどに行くと持ち合わせが少ない時や月末などで家計が厳しい時があり、カードローンでの借り入れを考えています。ママ友からちょっとした時に役立つと聞いて借りることにしたのですが、キャッシングの時は1万円単位でしか借り入れできないと聞きました。正直、1万円も借りると気が付いたら無くなってそうで怖いです。もっと管理しやすい少額での借り入れができればうれしいのですが、1万円単位での借り入れしかできないのでしょうか?

キャッシングは1万円単位からしかできないの?

最近は千円単位からの借り入れができるところもありますよ。借り入れの条件としては1万円からになるので始めの借り入れは利用しようと思っている会社が提示している最低金額を借り入れなければならないですが、その後、専用カードを使ってATMで引き出す際は千円単位から引き出し借り入れができます。

大手消費者金融ではほとんどが千円単位の借り入れが可能になっていると思います。まだのところもこれからできるようになっていうでしょう。昔ほど高額の借り入れをするというよりは少額の借り入れの需要が増えているように思います。月末などの給料日前に持ち合わせがない時などや家計の穴埋めなどでの利用が多いようです。

今はスマホで簡単に申し込みもできて即日融資も可能なので、もしもの時のためにカードを持っている主婦の方も少なくないようです。少額借り入れでの少額返済は家計にも負担がないのでいいですね。

キャッシングは1万円単位でしか引き出せないので注意します

キャッシングはいつでもどこでも借り入れることができるので便利な金融商品です。しかし、デメリットもあります。それはキャッシングは1万円単位でしか引き出せないということです。小銭や千円札など、1万円以下の単位での引き出しはできません。ほとんどの買い物は1万円さえあればお釣りや両替で賄えますが、商品の金額丁度で支払いをしなければいけない場合、お釣りが出ない場合には気をつけてください。

そもそもキャッシングは10万円、100万円単位、あるいはそれ以上の高額の買い物のために利用されることを前提にした商品です。急にお金が必要になった時に使うという点では良いのですが、急に千円必要になった、あと200円足りないなど、少額の場合はあまり有効ではありません。もし1万円以下のお金が入用である時は、事前に1万円だけキャッシングしておき、両替しておくとよいでしょう。
(⇒もっと小口融資を受けるには

一方で、1万円が最小単位となる買い物の場合には便利です。298万円の車のローンなど、きりのよくない金額であっても、キャッシングは1万円単位で引き出すことができますから298万円ぴったりを引き出して支払えば無駄がありません。例えば10万円単位でしか借り入れができなかったとすると298万円の買い物の場合は300万円を借りなければいけないのです。2万円程多く借りることになります。

キャッシング額がいくら増えようと変わらないのではないかと考えてはいけません。必要以上に借りることによって生じる差で、1度の返済金額が多くなったり、返済回数が多いために振込手数料も嵩むなどのリスクがあるため、1万円単位で借りることのできるキャッシングは便利なのです。借入金額が多いと利率は低くなる傾向にありますが、それでも数%の差でしかなく、リスクの方が大きいのです。
(⇒利息はしっかりと計算しておこう

これらの理由から、きりが良いからという理由で、細かく借りることができるのに大雑把に借りることもお勧めできません。上の例で言えば、298万円丁度の金額を借りることができるのに、300万円借りてしまうパターンです。必要な分だけを借りて、早めに返すことが賢いキャッシングの使い方です。使い方を誤ると、せっかくの利便性が台無しになってしまうので、気をつけましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.