レディースキャッシングって専業主婦でもOKですよね

結婚してからも働いていましたが、体調を崩したこともあり、去年退職しました。専業主婦として家事をしており、今は仕事をしていません。退職金は10年物の定期預金に入れてしまったので、当面解約するつもりはありません。退職してから失業手当をもらっていたのですが、それも少し前に終了してしまいました。今は特に必要ではないのですが、この先、急にお金が必要になったときのためにキャッシングできるカードを作っておこうとおもっています。

ちょっと調べてみたのですが、いろいろあってどこにすればいいのか迷っています。「レディースキャッシング」というのをよく見かけるのですが、これは女性専用ってことですか?レディースキャッシングで借りるメリットなんてあるのでしょうか。専業主婦も女性なので問題なく借りられますよね。

レディースキャッシングはその名の通り、女性専用です

レディースキャッシングってよく聞きますが、いったいどういうことなのでしょうか。その名の通り「女性専用」のキャッシングということになります。お客さんは女性限定というだけでなく、担当者もすべて女性です。

何のために女性専用のキャッシンクがあるのでしょうか。キャッシングというのは、女性にとってとても敷居の高いところになります。お金に困っているからキャッシングするわけなので、なんとなく後ろめたいものを感じしてしまいますよね。できれば申し込み時に、いろんな人と顔を合わせたくないし、ましてや男性のお客さんがたくさんいるところなどは、できるだけ避けたいわけです。

キャッシングの際に、「なぜお金が必要なのですか?」と、理由を聞かれることがあります。理由は人によってさまざまなのですが、例えば水商売をしている人などは、あまり大きな声で言いたくないですよね。店内にいる人に知られるなんてやはり嫌なものです。お客さんだけでなく、担当者が男性でも嫌ですよね。

こんなとき、レディースキャッシングだと、担当者もすべて女性なので、男性には言いにくいようなことでも安心して話ができる、ということになります。女性同士なら気を使わずに本音で話せるということで、レディースキャッシングは女性にとってとても人気のある金融機関となっています。さらに、一般のキャッシングでは審査に通らなかった人でも、レディースキャッシングなら審査に通ったという話しも聞きます。女性専用であるがゆえに、女性に対して審査が柔軟な傾向にあるようです。審査が柔軟という点は嬉しい限りですよね。(参考ページはこちら→審査が柔軟とはどういう意味?

専業主婦でももちろん利用できますよ。どんな職種に就いていようが、無職だろうが、とにかく女性であれば問題ありません。一般のキャッシングでも利用は可能なので、女性は選択肢が広いということになりますね。
(⇒本来は職業というのは融資においてとても大事です

周りの目が気にならず、担当者が男性でも問題なければ、一般のキャッシングを利用すればいいでしょう。仕事の内容やお金を借りる理由がちょっと込み入っていて、じっくり話を聞いてもらいたい人は、レディースキャッシングを利用するのも手ですよ。

ただし、レディースキャッシングの場合、精神面でのサポートが丁寧な分、金利が若干高い場合があります。一般のキャッシングと比較した上で申し込むようにしたほうがいいでしょう。多少金利が高くても女性に良心的で話しやすいところを選ぶか、担当者が男性でもかまわないのでその分金利が少しでも安いところを選ぶかは、ご自分の境遇で選択してください。上手に選んで気持ちよくキャッシングできるといいですね。

専業主婦の方でも利用できるレディースキャッシング

新たな法的な規制の影響を受け、個人での借入に関するルールが変更されました。そのため、キャッシングの申し込み時に審査を受ける際には、借入の残高が年収の一定の割合までとなるので、この年収の総額を明確に提示する必要性があります。このキャッシングの利用を希望する申込者の年収を明らかにするためには、年収を証明する書類の提出が必要になっており、定期的な収入を得ていない方がキャッシングを利用する事が困難な状況となっているのです。

しかし、現在ではレディースキャッシングなどのサービスが普及しており、専業主婦の方でも配偶者への貸付けとして、キャッシングのサービス利用が可能になっているのです。そのため、定期的な収入のない専業主婦の方の場合は、レディースキャッシングなどのサービスを利用して、配偶者への貸し付けが許可されているサービスを選ぶ必要があります。これは法律でも正式に認められている融資の形態で、配偶者への貸し付けは、基準を満たす収入のある方の同意書を提示することで、借り入れができるようになっています。

このレディースキャッシングを利用する場合は、キャッシングの申し込みの際に一般的な本人確認の必要書類などに加え、配偶者の同意書を提示する必要があり、配偶者の方の年収を証明する源泉徴収票や給与明細書などを提示する事で、融資の可否や融資限度額なども決まってきます。このレディースキャッシングでも、配偶者への貸し付けが条件となり、夫婦の年収を合算した金額の三分の一までの借入が可能になるのです。

パートなどをして、サービス利用の申込を行った方にある程度の収入がある場合は、主婦の方でも配偶者の方の同意のもと、このサービスを利用することができます。そのため、配偶者の方の収入を基本とした金額の借り入れが可能になるのです。そのため、主婦の方の場合はパートなどで収入を証明する書類を提出する事に加え、配偶者の方に安定した収入があることを書面で提示すれば、容易にキャッシングでの借り入れが可能になるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.