増額はしない方がいい?増額キャッシングデメリット

現在カードローンを利用しているのですが、借り入れをしている会社から増額案内が届きました。今のところ増額しても借り入れる予定はないのですが、増額した方が得なのでしょうか?うまいこと増額させて余計に借りさせようとするだけのもののような気がしてなりません。どなたかメリットとデメリットを教えて頂けないでしょうか?

増額はしない方がいい?増額キャッシングデメリット

増額案内が届いたということは優良顧客ということですね。増額は借り入れから半年が経過しないと申請できません。申請は誰でもできますが、増額にも審査があり半年の間遅延や滞納がなくちゃんと返済していて、他社からの借り入れなどがなかった方しか増額できません。会社から増額の案内が届くということはそれらをクリアできていて会社が優良顧客と認めた方のみです。

増額のメリットとしては、今までよりも上限額が上がるので借り入れできる金額が増えますね。あとは、上限額がある一定の金額を超えると金利が少し下がるので、金利が下がると返済の額も少し下がるというのがメリットになってきますね。

はっきり言ってデメリットと言えるほどの悪条件は特にないと思います。しいて言うならば、上限額が増えるとついつい余計に借り入れてしまうというところですね。借り入れをするということはそれだけ金利も上乗せして返済しなければならないわけですから、それがデメリットと言えますね。借り入れの予定がないのであれば増額する必要はないと思いますが、何かの時のために増額しておくのもありだと思いますよ。

増額キャッシングデメリットは知っておこう!

増額キャッシングデメリットはしっかりと知っておきたいところです。基本的な考え方として、キャッシングは増額して限度額が増えるほど便利に活用することが出来ます。限度額が少ないとお金を借りたい状況によってはすぐに残高がなくなってしまいますが、限度額が大きければしっかりと借り入れ出来ます。しかし、限度額が大きいことによるデメリットもあります。

限度額が大きいとリスクは高くなることが言えます。借り過ぎてしまった場合に借金の金額が簡単に高額となるので、簡単に完済することができません。完済までに時間がかかるほど利息を支払う期間は長くなるので、これも一つのデメリットだと言えます。

キャッシングの仕組みとして限度額を高額持つことで適用利率を下げることができるので、大きな限度額を持つ方が基本的には利息は安くなる傾向があります。しかし、利率と元金の内容次第では元金が大きいことで適用利率が低くても利息は高額になることがあります。利率だけを見て判断するのではなく、しっかりと利息計算からいくらの利息を支払うことになるのかを把握しておくことが大事です。

そこそこ大きな借金を一度でも持ったことがあると分かりますが、借金は金額が高額になると本当になかなか元金を減らすことが出来ません。毎月の収入から生活費などを差し引いて残った金額を返済に充てるわけですが、こうして返済をしていく場合に月々の返済額が少額ですと、返済額から利息が引かれるので元金の減りがかなり遅くなります。結果、返済期間が長くなり1年や2年と長期返済していくことになります。

長期返済をすると毎月の収入を自由に使うことが難しくなるので、本当に大きな金額を借りる場合は計画を持っておくことが非常に大事です。すぐに返せる目途があるなら大口で借りるのは便利ですが、月々少額返済するつもりならしっかりと返済計画を持ち、納得した上で高額を借りなければ後悔することもあります。
(⇒長期的に融資を使うなら先に疑問を解消しておこう

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.