実際借りていなくてもキャッシング枠上限が変わってしまうことは

クレジットカードとキャッシュカードをそれぞれ1枚ずつ契約し、常に持ち歩いています。先日キャッシュカードの方を利用しようとしたら、キャッシング枠の上限が引き下げられていました。キャッシング自体は可能でしたが、その時点ではキャッシングを使っていなかったのに、キャッシング枠上限が変わってしまうことというのはよくあるのでしょうか?(参考ページはこちら→通常の融資限度額増額ルール

年収の変化が理由として考えられます

例えば多額の融資を受けた上、更に返済を滞らせれば、すぐにカードは利用不可になってしまいますが、融資限度額…つまりキャッシング枠の上限が突然引き下げられるケースというのは、私もあまり聞いた事がありません。キャッシング自体は利用可能なようですし、考えられるとすれば「あなたの年収に変化があった」という理由でしょうか。

消費者金融のキャッシングには、総量規制という決まりが存在します。これは年収の1/3以上の融資を制限する決まりで、年収が300万円なら100万円、400万円なら約133万円となります。つまり、年収が変化すれば、それに応じて融資限度額も変化する、という訳ですね。

また、キャッシュカードは銀行系カードローンのものをお使いではないでしょうか?銀行系カードローンはあなたが登録情報の変更を申請せずとも、登録情報や口座を自発的にお調べし、上限増枠の審査を行います。上限増枠には基本的にご契約者様の同意が必要ですが、引き下げとなるとまた変わってきます。連絡が無かったのは、単純に何かの手違いか、あなたが見落としているのかもしれません。当該の銀行に問い合わせてみましょう。
(⇒増額の審査においても大事になる事

実際借りていなくてもキャッシング枠の上限は増やせます

キャッシングは契約するとお金を借りなければならないと思っている人がいますが、それは間違いです。限度額を持つことができるので、その限度額の範囲で好きな金額を借りれるというのが仕組みであり、一切借り入れをしなくても契約解除にはなりません。また、限度額は最大極度額まで空きがあるなら増額することができます。
(⇒自分は増額できるかどうかの疑問に答える

増額をするとき実際借りていなくても上限枠を増やせるので覚えておきましょう。これはクレジットカードでもフリーローンでも同じです。増額というのは契約者の返済能力次第で融資額を増やせるかどうかを判断されるので、増額申請を出して審査に通ることができると上限枠は増えます。

借りることも少ないのに増額するメリットはあるのか?これは非常に大きなメリットがあります。基本的に限度額は絶対に大きく持つほうが有利になります。各社では金利が設定されていますが、その金利は実質年率で下限値から上限値までが設定されています。当然、下限値に近い金利が適用されるほど利息は安くなるわけですが、そうするためには限度額を大きく持たなければなりません。つまり、各社の最大極度額を持つことができると、各社のもっとも低い利率が適用されるという仕組みです。
(⇒融資限度額の上限はあげられるだけあげておくべき?

普段からお金を借りることがなくても、ちょっとしたときに低い利率から少額を借りるなら限度額は絶対に増額しておくほうがお得です。少額を借りるために少額の限度額を持つのと、少額を借りるために大きな限度額を持つのとでは、かなり利息に差が出てきます。

実際借りていなくても上記のようにキャッシング増額することができますが、限度額を大きく持つと他の金融商品の審査で不利になってくるケースもあります。そのため、もし増額をしてから使いもしない限度額が邪魔ならそれは任意で減額申請をするとよいです。そうすると、いつでもキャッシングの上限枠を減らすことができます。そうすれば、他社へ申し込む際などにデメリットのなることがありません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.