キャッシングしたいけど年齢制限が心配!

キャッシングベスト3

キャッシングしたいけど年齢制限が心配!

私は、もうすぐ70歳になる高齢の女性です。でも、身体は元気で、ときどきアルバイトをしています。女性の多い職場です。今度、みんなで海外旅行に行きましょうか、という話が出ています。できれば、年も年なので、みんなと一緒なら、見納めというわけでもありませんが、行ってみたいなあ、と考えています。でも、まとまったお金が必要になります、すぐには、全額は用意できません。そこで、キャッシングを利用してみようと思います。
(⇒仕事さえしていればキャッシング審査は問題無し?

最近、テレビなんかで、キャッシングの宣伝をよく見ます。昔より借りやすくなっているのでしょうか。借りられれば助かります。ただ、心配なのは、私の収入や年齢です。あまりたくさんのお金は、借りるつもりはありません。でも、アルバイトの収入で、若い人のように働き盛りというわけではありません。キャッシングには、どのような年齢制限があるのでしょうか。

キャッシングの年齢制限あっても60代の人も諦めないで

年齢制限には、下限と上限があります。多くのキャッシングの会社では、利用者の年齢を20歳から65歳までと、定めているようです。下限については、18歳以上なら、学生ローンなどは、親の同意の下で貸し付けるケースもあるようです。しかし、貸し付ける会社の方としては、もっとも重視するのは返済能力です。未成年に対する貸付となると、その会社がどう判断するかが、問題になってくるでしょう。

実際の年齢制限の上限については、中には、70歳まで、つまり69歳まで貸付可能にしている会社もあるようです。この年齢は、会社を退職した人が多くなります。また年金を受給する人も多くなります。会社は、安定した収入、定期的な収入を審査基準にします。中には、勤労所得がなくても、年金所得があれば、貸付を行う会社もあるようです。そのため、年齢制限を高めにしている会社を見つけて、電話などをして、相談してみるのも良いことです。

年齢制限の上限は、社会の高齢化の現象を考えてみると、これから少しずつ引き上げられていくことが予想されます。人々は、順番に年を取り、高齢者になっていきます。人々の寿命が延びると、元気な高齢者が増えます。社会の色々な分野、施設、組織が、これらの高齢者を受け入れることになります。そのため、社会全体が変化していくでしょう。年齢制限も、それに伴って変わっていくと考えられます。

【参考ページ】
年齢以外が原因で審査に落ちる可能性も?

キャッシングは年齢制限を確認してから申し込もう

キャッシングの申し込みにおける基本情報として、必ず年齢制限を確認してから申し込みをしましょう。どの会社へ申し込むにしても必ず年齢に制限があります。大抵は年齢制限が20歳以上65歳未満となっているので、この年齢の人ならば問題なく申し込むことができます。

年齢の制限範囲外の人が申し込むとどうなるのか?これは審査で不合格となります。キャッシングの申し込みで絶対に必要となる書類は身分証明です。この身分証明には年齢が記載されているので、必ず年齢がばれてしまいます。嘘の申告から申し込みをしてもばれてしまい信用を失うだけなのでやってはいけません。

では、上記のように20歳以上65歳未満以外の人はキャッシングを利用することができないのか?これは未成年でも65歳以上の人でも、自分の年齢が申込先の利用条件を満たしているなら申し込むことが可能なので、基本的に自分の年齢でも申し込める会社を探すことになります。しかし、現状として未成年が簡単に借りれる会社はありませんし、65歳以上でも申し込める会社は少ないです。
(⇒高齢者向けの融資について

未成年については申込時に保証人が必要となるケースが大半です。逆に考えると、親を保証人とすればキャッシングを利用できるということです。どうしてもお金を借りたいときはまず自分の親に相談をしてみるとよいです。そして、保証人付きなら申し込める会社を探してみるとよいです。クレジットカードなら比較的簡単に見つけることができます。また、例外としては未成年でも結婚をして仕事をしている人は成人とみなされることがあるので、金融会社に相談をすれば借りれるケースはあります。

65歳以上でも借りれる会社はインターネットを活用して探すのが便利です。金融会社以外でも公的な機関において融資をしてくれるところもあるので、いろいろなところをリサーチしてリスクが低いところで融資を受けるのが好ましいものです。上記のように年齢制限をしっかりと確認することを覚えておきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.