65歳以上はキャッシングは不可能か

5年ほど前に還暦を迎え、現在は自由な時間を謳歌しています。この歳になると大きな出費など無くなると思っていたのですが、先日、息子夫婦の出産祝いを兼ねた家族旅行の話が立ち上がりました。最初は息子夫婦の旅費だけを負担するつもりでいたのですが、気付けば姉夫婦や遠縁の親戚まで加え大所帯に……。

このまま息子夫婦の分だけを負担するというのもバツが悪いので、姉夫婦や親戚の旅費も幾らか私が負担することになったのですが、65歳以上だとキャッシングは不可能でしょうか?一応年金は受け取っていますが、それは安定した収入に入りますか?宜しくお願い致します。

可能ですが、年金が安定した収入かどうかは一概に言えません

消費者金融、ないしは銀行によって異なりますが、例えばレイクなら対象年齢は満20歳から70歳以下となっており、還暦後でも融資を受けられます。もちろん、レイク以外にも70歳まで融資を承っているところはありますので、ご安心下さい。
(⇒銀行と消費者金融ならどちらから借りるべき?

もう1つの貸付条件である「安定した収入があるか」に年金が適うかどうかという点も同様で、消費者金融、ないしは銀行によって異なるとしか言えません。還暦前でしたら、在職中にお申し込みをすればいいだけなのですが、既に退職をされた後だとそうもいきませんよね。また、消費者金融には総量規制という制限があり、年収の1/3以上の融資を受ける事ができません。この点も注意が必要となります。
(⇒安定した収入の定義について

なぜ65歳以上はキャッシングは不可能か、その理由と対処法

歳をとってもお金が必要なことはあります。突然の病気でまとまった入院費が必要になったり、家族や兄弟の葬儀などでお金がいることもあります。家のいろんな所が壊れリフォームしなくてはならない時も、多額なお金が必要になります。今までに貯金などをして貯えがあれば問題ないですが、年金だけでは生活するのがやっとで、あまり余計なお金がないという人もいます。

そういう人は、子供や親戚から借金するしかないですが、あまり他人に迷惑をかけたくないという人は、金融機関のキャッシングを利用するのがいいでしょう。ただし、金融機関でキャッシングを申し込める上限の年齢は65歳未満という所も多いです。確かに65歳以上になると、病気になったりケガをする危険もあるので、お金を貸したまま死んでしまうと、会社としては回収できなくなってしまいます。

最近は、定年を65歳にしている会社も増え、70歳ぐらいでも元気に働いている人も多いですが、誰でも70歳まで元気でいられるとは限りません。そう考えると、融資の年齢制限で65歳というのは妥当な所かもしれません。

年収も現役世代に比べたら、がくんと落ちるので年金だけでは、返済能力に不安がでてきます。それではすべての金融機関が65歳以上はキャッシングは不可能かといわれると。例外もある金融機関も存在します。年金以外にアルバイトなどで安定した収入があればキャッシングできる可能性はあります。ただし無職ではかなり厳しいかもしれません。

他にも年金はもらっているけど、それ以外に一定の収入がある場合、銀行では年金受給者用のローンも用意しています。年金しか収入がないけれど、どうしてもお金が必要だという人は、独立行政法人福祉医療機構という所で、年金を担保にお金を貸してくれます。金額は10万~250万まで貸してもらえ、年間でもらえる年金総額の範囲内で、1回あたりの返済額の15倍までとなっています。金利も年1,6%とかなり低金利です。

【参考ページ】
年齢と融資の問題について

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.