キャッシング枠の減額や増額って何を基準に決めてるの

1年前、急にお金が必要になったときにキャッシング用のカードをつくり、今までに何度か利用してきました。まだ社会人になって半年くらいしか経っていなかったので、キャッシングができてとても助かった記憶があります。もちろん返済を滞ったことはなく、きちんと返しています。カードを作ったときは、まだ働き出して間もないこともあり、キャッシングの限度額が少なかったのですが、最近もうちょっと限度額を増やしてもらいたいと考えています。

この限度枠の額はどうやって決めているのでしょうか。キャッシング枠は自動で減額されたり増額されたりすることがあると聞きましたが、何を基準に決めているのか知りたいです。自動で増額されないときは、増額の申請をすれば増やしてもらえるものですか。また、再度審査があったりもするのでしょうか。

金融機関と信頼関係が結べれば増額されるはずです

社会人になって半年でつくったキャッシング用のカードだと、限度額も低かったのではないでしょうか。キャッシング枠に設定されている融資の限度額は、その人の実績によって決まるといってもいいでしょう。入社半年であれば、まだ年収が確定していない時期ですよね。そのため限度額も低く設定されていたはずです。

キャッシングの利用限度額が自動で増えたり減ったりすることはあり得ます。では何を基準に限度額が増減するのか理由をみていきましょう。

増額した理由としてあげられるのは、金融機関が個人との信頼関係が結べたときです。キャッシングを申し込んできた時点では、どういう人物かわかりませんよね。確かに、年収や勤続年数などの肩書きはわかりますが、その人のお金に対する性質まではわからないですよね。お金にだらしないのかきちんとしているのか、見た目でわかれば審査するほうも苦労しませんよね。その人のお金に対する性質は、一定期間付き合ってみないことには判断のしようがありません。そこで、とりあえずは低い金額で融資して、返済をきちんとしているかどうかを確認しています。返済が遅れることなく、返してくれている人は信頼できる人として判断します。判断できれば「もう少し貸し出してもいいですよ」ということで、限度額があがるということになります。

これとは逆に、返済が毎月のように遅れる、何度も催促しないと返済してくれない、という場合などは、「信頼できない」と判断し、減額してしまうことになります。「きちんと返済してくれないからもう貸さない」ということですね。もしくは、他社からの借入額がどんどん増えてきた場合も「ちょっとこの人危険かも」という判断をくだされて減額になるとこもあります。表面上だけ取り繕ってもダメだということですね。ちなみに、他社からの借入れだけではなく、クレジットカードのキャッシング枠も対象になる場合があるので、利用していないキャッシング枠は0にしてしまうほうがいいかもしれません。クレジットカードを何枚も持っている人はちょっと注意したほうがいいでしょう。
(⇒増額してもらえないのはそれなりに理由もあります

今回は、カードを利用して1年ということなので、融資額の増減を判断するにはちょうどいい時期かもしれません。返済をきちんとしており、他社からの借入れなどがない場合は、自分から増額のお願いをしてもいいでしょう。増額の依頼は、金融機関のコールセンターに電話すればOKです。再審査があるかもしれないので、念のために年末調整を用意しておくといいかもしれません。信用情報に問題がなければ、さくっと増額してくれると思いますよ。

キャッシング限度額を減額する・される理由と増額との関連を解説

キャッシングの利用限度額は、通常の利用方法であれば、カード会社から突然変更されることは少ないです。そのため、利用限度額を変更したい場合にはこちらから申し込みを行いますが、これは増額だけでなく減額も行えます。

カード会社から減額されるケースはクレジットカードの場合が多いです。クレジットカードは与信によって利用枠を決めているため、クレジットカードを発行しすぎて与信枠を圧迫すると突然減額の通知が来ることがあります。そのため、カード発行キャンペーンに釣られて必要に発行しすぎないようにします。

自分で申し込むケースは次のものがあります。クレジットカードを作ったとき、万一のためにとりあえずキャッシング枠を付けることがあります。このクレジットカードに付帯されている枠についてはキャッシング専用カードと異なり、利用を続けることで自動的に増額されることがあります。このとき、セキュリティ上の不安があるために減額を申し込むということがあります。

これを行う場合、利用限度額を0にして枠をなくさなければならないわけではないため、限度額の最低である10万円だけ残すことも多いです。申し込みに際して、それに伴って返済能力に問題が発生することはないため、審査することなく希望を通すことができます。ただし、後で必要になって増額する場合には審査が必要になるため注意が必要です。

次に、総量規制の対象となる信販系・消費者金融系のキャッシングの利用限度額の増額を行いたい場合に利用することがあります。総量規制では借り入れの上限が年収の3分の1までに制限されており、既に限度額の合計が年収の3分の1に達している場合、限度額の増額を行えなくなります。

このような場合の対策の1つとして、不要なカードを処分して限度額の合計を減らす方法があります。しかし、現在借り入れが残っているなどの理由で全てのカードを処分できるとは限りません。このような場合に金利が高いなど、優先度の低いカードの限度額を減額しておくことで合計を減らすことができます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.