キャッシングの増枠審査!何を確認するの?

キャッシングベスト3

キャッシングの増枠審査は何を確認するの?

キャッシングで増枠したいのですが、審査があると聞きました。何を確認するのでしょうか。(参考ページはこちら→審査において確認される事とは

利用履歴や他社からの借り入れ状況などです

キャッシングの増枠をする時には、審査が必要になってきます。まず利用履歴の有無を確認します。利用履歴がないと増枠審査に落ちる可能性はあります。利用履歴があって、返済実績があれば審査の属性は上がりますが、延滞があったりすると属性は下がります。また他社からの借り入れ状況も審査に影響します。

たとえ借り入れをしていなくても他社のカードを作るだけで、属性は下がりますので注意が必要です。ただ数社から多額の借り入れをしていたり、延滞が合った時には、増枠どころか、キャッシングの利用停止を言い渡されることがあるので、身辺整理をすることは重要です。また個人情報や勤務先情報などに変更があった時は、正直に申告しましょう。

結婚して家族が増えたり、居住形態が賃貸から持家になったりと、生活環境の変化も属性に関わってきます。会社員の場合、就業形態が派遣社員から正社員になったり、会社の規模が大きくなったりすると、属性は上がります。収入証明書(源泉徴収票、課税申告書、確定申告書、給与明細)も提出書類として必要になりますので、予め用意しておきましょう。

増枠審査は、引き続き返済する意思と能力があるのかを見ますので、利用履歴と言うものは重要ですし、収入が上がれば、審査には有利になってきます。

キャッシングの増枠の依頼に関する審査について

キャッシングの返済方式というのは、毎月借入残高に応じて段階的に決められている約定返済額を返していれば、業者があらかじめ定めている利用限度額の範囲内で自由に追加借入や繰り上げ返済ができる、残高スライドリボルビング払いという方式になっています。この返済方法では、現金が必要になったときにはすぐに借り入れをすることができますし、資金に余裕があるときには繰り上げ返済をすることで、利息の負担を減らすことができますので非常に便利です。毎月の収入が安定しない人でも、上手に借入と返済を繰り返せば、少ない利息で必要な金額を用意することができますので、使い勝手の良いシステムといえます。

しかし、継続して借入をしていると、いずれは利用限度額いっぱいまで借入額が膨らんでしまいます。こうなると当然追加の借り入れはできなくなりますし、借り入れ残高に応じて決められる約定返済額も高くなってしまいますので毎月の負担はかなり大きいものとなります。このような場合には、借入限度額をさらに増やしてもらう増枠の申し込みをしてみるというのも一つの方法です。増枠というのは改めて業者が利用者について審査を行い、支払い能力などが認められれば限度額をアップしてもらえるというものです(参考ページはこちら→融資額を増やすまでの手順)。

そのため、これまで支払いの滞納をしているような人では認めてもらえません。また、少なくとも半年から一年以上、継続して支払いを続けている人が信頼されますので、新規申し込みの直後に依頼しても断られます。この場合の審査は基本的には新規申し込みのときと同じで、現時点での年収や職業、勤務先、他社からの借り入れ状況などについて調査されます。また、在籍確認の電話も申し込み時と同じようにかかってきますので、きちんと対応しましょう。これらの審査に通ったときには改めて限度額の増枠を認められます。ただし、利用者の年収の3分の一を上限としていますので、それ以上の増枠は認められません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.