誰か教えて!銀行キャッシングローンで審査が通らない理由

銀行のカードローンに申し込んでいるのですが、現在3社に落ちています。当方、会社員をしており、カードローンの申し込みは初めてです。カードローンは誰でも借り入れができると友人から聞いていたので申し込んだのですが、実際には落ちています。カードローンの審査に通らない理由というのはあるのでしょうか?
(⇒そもそも融資審査ってどんな事をしているの?

誰か教えて!銀行キャッシングローンで審査が通らない理由

カードローンの審査に落ちる理由はだいたい決まっていますね。基本的にはご友人がおっしゃるように審査は通るものだと思います。審査に通らない主な理由を挙げておきます。

まず、金融機関というのはお金を貸し付けて金利を取ることで利益を出しているので、お金を貸すことを前提に審査は行われます。しかし、貸す以上はちゃんと金利を含めて返済をしてもらわなければ困るわけで、ちゃんと返済ができるかどうかというのを見るのが審査ということになります。すなわち、返済能力判断しているということです。これをわかった上で考えると審査に落ちる理由が見えてきますね。

まず、無職では審査には通りません。収入がない人に返済能力があるとは思えないですよね。次に、ブラックリストと呼ばれる自己破産者や金融事故者です。これらは借りたお金を何らかの理由で返済できなかった方なので、お金を貸しても返済してくれるかわからないという不安がありあすよね。要するに信用がないということです。なので審査が通りにくいです。

あと一つがあまり知られていませんが、同時もしくは半年以内に複数社へ申し込みをする場合です。これはお金を借りるのを焦っているのか。たくさん借りないといけない理由があるのか。など憶測が飛び、不審者と見なされて審査に影響します。これを「申し込みブラック」や「申し込み不審者」と呼ばれています。こちらも信用性にかけるということですね。

審査に落ちるということは、何らかの信用にかけるということです。3社に落ちているということは「申し込みブラック」といなされている可能性も高いですね。半年ほど様子を見てから1社にだけ申し込みをされてはいかがでしょうか。

銀行キャッシングで審査が通らない要因について

銀行キャッシングで審査が通らない理由は消費者金融で審査に通らない事をおおよそ同じであると言えます。キャッシングの審査では信用情報機関が管理を行っている個人信用情報を照会します。これは消費者金融だけではなく、銀行も同じなのです。(参考ページはこちら→信用情報機関の情報について

現在信用情報機関と言うのは3つの機関が有るのですが、銀行、消費者金融、貸金業者などはそれぞれ異なる信用情報機関に加盟をしています。個人信用情報は本人を特定することが出来る、住所、氏名、年齢、性別、電話番号、勤務先などの情報が記載されており、申込書に記載されている情報と個人信用情報を照会して、申込者の信用情報を確認しているのです。

尚、信用情報機関は、官報に掲載されている情報を共有していると言う特徴が有ります。自己破産をすると官報に掲載されてしまうと言いますが、この破産の情報を3つの信用情報機関は共有化していますので、破産の履歴が残されている場合は、消費者金融だけではなく、銀行でも同じことが言えるのです。

個人信用情報の中に何らかの不利な情報でもある、遅延、延滞、破産、申込数多数と言った情報が記載されている事で銀行キャッシングで審査が通らないという事になるのです。

消費者金融は銀行と比べると審査に通りやすいと言います。この理由の一つとして、消費者金融は安定した収入があり、それが継続している事を条件としている傾向にありますが、銀行の場合は、この条件に加え、勤続年数を加味して審査を行っている金融機関が多いのです。勤続年数が3年以上あれば審査に通るけれども、1年に満たない場合、3年未満の場合等では審査に通り難くなるケースもあるのです。

年収が有る程度在っても、現在の会社に勤めて日が浅いなどの場合は、銀行キャッシングで審査が通らないと言うケースも出て来ます。これは銀行の審査基準にもよりますが、勤続年数を重要視している銀行が多いのが特徴で、銀行キャッシングで審査が通らない要因の一つでもあるのです。

【参考ページ】
銀行と消費者金融ではやっぱり差があるの?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.