返済せずにキャッシングしつづけるとどうなるの?

返済日に返済を忘れてしまい、そのままカードでキャッシングしたらカードが使えました。もし、返済せずにキャッシングし続けたらどうなるのでしょうか?

返済せずにキャッシングしつづけるとどうなるの?

返済せずにそのままにしておけばカードは使えなくなりますよ。返済の支払い忘れであれば遅延となりますが、そのまま支払わなければ滞納ということになります。遅延になると遅延金利というものがつくことは契約書に書かれています。ほとんどの金融機関が20%の金利が付くのではないでしょうか。

さらに、遅延や滞納も2回あると常習犯と見なされますので、個人信用情報機関にデータが登録されます。遅延や延滞は金融事故となりますので、金融事故者としてブラックリスト入りとなり、以後の借り入れはできなくなる可能性も出てきます。

個人信用情報機関とは、金融機関が加盟しなければならない機関で利用者の個人情報や借り入れのデータなどを登録保管する機関です。個人信用情報機関に登録保管されたデータは加盟している金融機関が情報を共有できるように検索閲覧が可能です。

借り入れ審査の際に金融機関は利用者がブラックリストや金融事故者、他社から借り入れをしていないか、していればいくら借り入れをしているかなどを検索によって確認しています。そこで金融事故者だとわかれば審査に通るのは厳しくなります。

今は、返済日に支払い忘れているだけかもしれませんが、後々信用にかかわってくることなので一刻も早くお支払いをされた方がいいと思いますよ。

【参考ページ】
融資の延滞に関する疑問を解決

無計画にキャッシングしつづけるとどうなるの?

カードローンは便利です。いざという時自分の預金をおろすように簡単に借り入れができるのです。しかし、簡単に借りられる反面、無計画にキャッシングしつづけると大変なことになるのです。(参考ページはこちら→計画性があればキャッシングも便利に?

キャッシングとは簡単に言うと借金です。お金はATMなどから簡単に手に入れることができますが、それは自分のお金ではありません。期限内に利息とともに返す必要のある借金なのです。無計画に借りていると、返済が追いつかず、返済が滞ってブラック入りしてしまう可能性もあるのです。計画性をもって借りるべきというのはこういうことなのです。

しかし、キャッシングがいけないというわけではありません。計画的に利用すれば、暮らしを楽にできる可能性もある金融商品なのです。金は天下の回りものとも言うように、ただ持っていては意味がありません。将来のために蓄えておくのはおおいに結構ですが、社会でお金が流通することで景気もよくなるのです。こう考えると、返す能力があるならば、借りて有効活用した方がいいのです。一般企業でも銀行などから融資を受けて営業しているところがほとんどです。それに銀行などはお金を貸すことで利益を得て営業できているようなものです。借金なくしては社会は成り立たないといっても過言ではないのです。

しかし、無計画にキャッシングしつづけていると返済が追いつかなくなり、カードローンをどんどん作って、元金はとっくに完済したのに、利息が大きく雪だるま式に膨らんで、返せなくなってしまうことがあります。いよいよ本当に返せなくなったら自己破産か任意整理ということになってしまいます。こうなると色々と大変なので、キャッシングをする際は注意が必要なのです。

ATMなどで簡単に借りられるのがキャッシングの魅力です。ただ、借り過ぎはNGです。ご利用の際は借金であること、返済期限内に変える義務があること、それができないと社会的制裁を受ける可能性があることを理解することです。
(⇒使い方によっては危険なカードローン

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.