キャッシングの増額はどうしたらできる?

キャッシングベスト3

キャッシングの増額はどうしたらできるのですか?

キャッシングで初めて契約をしたのですが、なんかあまり高い金額ですると危険かなと感じたのと、すぐにお金の必要性は無かったので限度額10万円でしました。した後にもう少し多い金額にしておけばよかったなと後悔をしたのですが、契約してから借入限度額のUPってできるのですか?またできるとしたらどれくらいの金額が妥当で、どうしたらできるのでしょうか?(参考ページはこちら→融資増額について気になるあれこれ

増額は契約後でも申請すればできますよ

借入限度額は契約時の金額から増額する事もできます。しかしほとんどのキャッシング会社では増額時には新規同様の審査が行われます。流れとしては、顧客の方から増額希望金額を出し、増額申請を行います。それを受けて現在の増額後の借入限度額を貸付できるかどうかの審査を行います。ポイントとしては増額後の借入限度を貸付できるかどうかの審査ですので、その金額が妥当かどうかが判断基準になります。どのくらいの金額が妥当かというのは各社基準がバラバラですので難しいですが、少なくとも消費者金融系は総量規制対象ですので、他社借入含め年収の1/3未満が上限金額となります。

現在の年収がどれくらいかわかりませんが、年収の1/3未満の金額で有れば貸付可能金額なんですね。もちろん金額が高くなればその分審査は厳しくなるのでそこらへんのさじ加減は難しい所ですが、まあ必要以上に高くしない事が一番でしょう。次にポイントなるのが、契約期間です。期間が長く、返済遅延・金額不足が無いほど、信用度が高くなりますので、新規契約より断然条件が有利になります。しかし一般的には初めの契約をしてから半年間については増額申請は受け付けない所が多いようですので注意して下さい。

希望金額がどのくらいかわかりませんが、契約後半年情過ぎていて、現在限度額が10万円で、返済も滞りなく借入額自体も少ないという事であれば20~30万までの借入であれば十分できるのではないでしょうか?後は現在の契約キャッシング会社、あなたの年収・職業などによって大きく変わってきますが、その点はネットなどの比較・検証サイトなどで情報収集をすべきでしょう。多くのサイトが有りますので、きっと自分に近い条件で借入できた経験談などが情報収集できると思います。審査にのぞむ時は情報をきちんと集めてからの方が断然有利です。妥当金額はそこで得た情報から推論するしかないんですよね。

キャッシングの増額をするにはどうすればいいか

キャッシングの目的でカードローンの契約をしたけど、希望額通り借りられなかったとします。この場合増額申請を出して借入限度額を増やすことが出来ます。ただすぐには増額申請を出しても認めてもらえません。借入限度額は審査の結果、今の状態ではこれだけしか貸せないと判断されたわけで、すぐに申請しても増やしてもらえません。

それでキャッシングの増額をする為に増額申請を認めてもらうには、毎月遅れずに返済をして返済実績を作る必要があります。返済実績を作れば返済に問題がないと信用が出来て、増額の審査が通りやすくなります。それでこれを半年間続けて、半年後に増額申請を出します。(参考ページはこちら→増額において半年必要になる理由

増額申請を出した時、貸金業者から借りている場合は収入証明書の提出が必要になってきます。これは総量規制で1社当たり50万円以上貸す場合は収入証明書の提出を義務付けているからです。それで収入証明書とは源泉徴収票や確定申告書の写しや、最近2ヶ月分の給与明細書のどれか1通です。銀行も規定の貸出額を超える場合は提出を必要とします。
(⇒総量規制による義務について

それで増額申請を出せば、増額の審査になります。審査が通れば借入限度額が増えて、キャッシングの増額が出来ます。しかし審査が通らなければ、また半年間待たなければなりません。半年間待ってまた増額申請を出すだけです。

しかし半年間待ってまた増額申請を出しても、増額の審査が通らない場合があります。それは他社借入が多い場合です。他社借入が多いと、貸金業者の場合は総量規制で貸出総額が他社との合計で年収の3分の1を超えてはならないとなっていますので、増額をして3分の1を超える場合は増額が認められないということです。

だから他社借入が多い場合は年収が増えないと増額をしてもらえない場合があります。

キャッシングの増額をしてもらうには、借入限度額の増額をしてもらわなければなりません。それで増額の審査が通ればキャッシングの増額が可能になりますので、まずは増額の審査が通るように努力をすることです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.