どうしよう女房に内緒でキャッシング100万借りたもしばれたら

私は48歳のトラック運転手です。家族構成は妻50歳、子供が2人で長男20歳、次男17歳です。若いころからトラック運転手の仕事をやってきました。遠距離や近くの所までさまざまな距離を走ってきました。ですから勤務体制は不規則で、朝早く出る時があれば夜12時近くに帰宅ということも多々ありました。

ある日、職場の友人たちに誘われて競馬、パチンコ、将棋などのギャンブル兼娯楽を楽しんでました。妻からは毎月おこずかいとして5万円貰っていましたが、毎日ギャンブルをやっていくうちに競馬やパチンコで大負けしてとても毎月のおこずかいではさすがに足りなく、妻に内緒である某消費者金融に50万円一気に借りてしまいました。

消費者金融でこんなに簡単に借りれるんなら返済もきっと簡単に出来るだろうと思い、ついつい大金50万借りたのをいいことに毎日のようにギャンブルであっという間に消費者金融で借りた50万も無くなってしまいました。数日後消費者金融から私の携帯に返済の催促の連絡が入りました。給料日は過ぎたのですが、1か月の給料は約25万円。とてもキャッシングした50万は返済出来ません。とにかく早く手を打たなくては!と思い、また別の消費者金融で50万借りて、そのお金で返済しました。女房はこのことを知りません。

でもそれが運命の悪運を招いてしまいました。25万の給料を女房に託していたのですが、実家の母親が介護が必要になり病気が重くなったから今月だけ給料を全部渡してくれないかと頼みました。女房は「あなたのお母さんの病気だから仕方ないわね。」と疑うことなく渡してくれました。でもそれは真っ赤な嘘。友人たちとギャンブルに使うため、女房に嘘をついてしまったのです。大負けが続き、ついには以前借りた50万も別の消費者金融にも返済してないし、気が付いたら利息含めて100万に膨れ上がってました。

いつかは女房にばれてしまいます。私としてはどうしたらいいのでしょう?

奥さんに内緒で100万円の返済は誰か相談できる人に助けを

100万円のキャッシングですか。それは大事ですね。でもあなたにはご相談できる兄弟とかいますか?奥さんにどうしても今回の100万のキャッシングのこと知られたくないなら、まず相談できる人を探しましょう。

ご兄弟で相談されて、もし工面できるようでしたら急いで返済を済ませるべきです。でもご兄弟だってそれぞれ自分の生活があります。兄弟の人数にもよりますが、2人兄弟だったら兄もしくは弟に協力を頼むことになります。そんな時、協力出来ないなんて言われるかもしれません。そうなったらどうしますか?実家の両親だって100万キャッシングしたなんていきなり聞かされたら驚くのもあり、すぐにお金を工面するなんて即答果たして出来るでしょうか?

それにあなたは自分の奥さんに自分の給料を「母親の介護の為」と嘘を言ってましたね。嘘に嘘を重ねるといつかはばれます。だから昔の人は「嘘は泥棒の始まり」とはよく言ったものです。

返済の手紙が届けば一目瞭然奥さんに消費者金融でキャッシングしたことが一気にばれます。まだばれてないのでしたらもうここは仕方ありません。ご両親、ご兄弟に頭を下げて100万キャッシング返済の援助を求めましょう。それで協力を得られたらまず安心とはまだ言い切れませんが。まずは消費者金融への100万キャッシング完済を済ませてください。

こうなったのは自分の自己責任の余りにも甘いのとギャンブルをほどほどにしなかったことを反省すべきです。きちんと計画性をたてて利用すべきです。
(⇒融資を計画的に使う為に

【参考ページ】
家族に内緒の融資もほどほどに

急に100万円必要!どうしようと思ったらキャッシング

手元にあまりお金がないときに、突然、まとまったお金が必要になったら、誰でもどうしよう!とあわててしまいますよね。ご家族やご友人に借りるという方法もありますが、必要なお金の額が、例えば100万円ともなると、どんなに親しくても、なかなか貸してもらうことは難しいでしょう。

このような、急に大金が必要になったときの急場しのぎに頼りになるのがキャッシングです。

キャッシングというのは、消費者金融会社などの貸金業者が行っている、個人向けの無担保ローンの一種です。たいていは、借りたお金の使い道が限定されていません。そのため、借りたお金を好きな用途に使用することができます。例えば、お子さんが大学へ進学される際の入学金や授業料などの学費で、数十万円から100万円以上もの大金が必要になったときに、キャッシングで借りたお金を学費の一部に充てることが可能です。

キャッシングを初めて利用される場合は、まず、消費者金融会社等へ申し込みを行う必要があります。最近では、インターネットやモバイルサイトからも申し込みができるため、大変便利です。必要事項に記入して申し込みを行うと、まず、お金を貸してよいかどうかの審査が行われます。といっても、無担保ローンであるので、この審査は短時間で終了し、申し込みから30分程度で審査の結果が回答されてくることが多いです。そのため、申し込んだその日に、契約手続きを完了して借り入れを行うことも可能です。

キャッシングの申し込みの際には、借り入れができる上限額、すなわち、利用限度額(希望額)を記入する必要があります。利用限度額が多ければ、急に大金が必要になった場合でも全額借り入れすることができるなど、便利です。ただし、希望する利用限度額が高い場合は、審査が厳しくなるため、年収に対してあまりにも大きな額を設定すると、審査に通らない可能性があります。なお、利用限度額が一定額(例えば、100万円)以下の場合は、申し込みの際に、年収証明書の提出が要求されないことが多いです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.