中国の銀聯カードはキャッシングに使える?

キャッシングベスト3

中国のクレジットカード銀聯カードってキャッシングには使える?

仕事柄、中国への出張が多いので銀聯カードを持つようになりました。先日、クレジットカードでキャッシングができるという情報を小耳にはさんで、かなり気になってるんです。

銀聯カードもキャッシングに使うことができるんでしょうか?もしできるなら、どうやってキャッシング機能が使えるようになるのかも知りたいです。

銀聯カードは今のところキャッシングには使えないようです

中国の銀聯カードね、最近では取り扱ってるカード会社もカードが使えるところもどんどん増えて来てるね。ただ残念ながらキャッシングには今のところ対応してないみたいだね。

そもそも銀聯カードってどうやらもともとはクレジットカードじゃないんだよ。カードの定義としてはどちらかというとデビッドカードに近い分類になるんだけど、中国ではあんまり厳密に区別はされてないって感じだね。そういうところもキャッシング機能がないっていうのと関係あるのかもしれない。まぁたいていの国際クレジットカードが国内でも海外でもキャッシングに利用できるのは確かだから、キャッシングに使いたいならそっちを検討してみるといいんじゃないかな?

クレジットカードキャッシング自体はすごく便利だよ。カードを作るときにキャッシング枠の設定さえしておけば、必要な時にすぐATMキャッシングでお金を借りることができるからね。消費者金融とかに申し込んで手続きをして…ってするよりもよっぽど早いことも珍しくない。

銀聯カード自体は最初に言った通りどんどん活躍の場が増えてるし、中国国内では主流のカードブランドだから活用しつつ、キャッシングには別のカードでっていう感じで使い分けるのがおすすめだね。

利息か為替か、銀聯カードでお得にキャッシング!

銀聯(ぎんれん)カードとは、中華人民共和国発のカードです。オンライン決済システムにより、国内外で広く使われるカードになっています。使い方はデビットカードと同じですが、中国に出張や留学、旅行などで滞在することが多い人は、銀聯カードが必須とまで言われています。

中国のカードだから、中国で作るのかと思いきや、日本国内でも銀聯カードを発行している金融機関がいくつかあります。インターネットバンキングもありますし、中国に滞在中に中国の銀行で口座を作ってもOKです。

基本的に、銀聯カードはショッピング専用で、現金を借りるキャッシングはできないのですが、ちょっとした裏技があります。日本に帰国した時に、口座内の人民元を日本円に換金して引き出すことができるのです。1日の引き出し限度額は1万元までですが、人民元を現金で日本や他の国へ持ち出す場合、2万元までという制限があります。これを考えると、人民元が1日1万元、日本円で引き出せるというのは便利ですよね。

手数料は銀鈴カードを発行した銀行によって異なりますが、だいたい引き出し額の1%、または15元ほど掛かっています。残高照会だけでも4元ほど掛かりますので、預金額はあらかじめ確認しておいた方がいいでしょう。日本側のATM手数料は、無料~110円と、これも提携ATMや銀行によって異なります。また、人民元と日本円の為替レートは刻々と変化していますので、換金時に得になるようチェックしておきましょう。

中国の銀行は、預金金利が日本に比べると高いので、口座の人民元は切らさないようにした方がお得です。中国に長期滞在していたり、永住していて日本に一時帰国する場合は、この方法で日本円を引き出すのが遥かに安全かつ便利です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.