一万円でもキャッシングしたいなと思うことあるけどどうかしら?

この間、給料日の少し前に、お金が入り用になりました。それも大金ではありません。一万円もあれば十分です。でも、財布の中には数千円しかなかったのです。それで、あることを諦めました。給料をもらったらできることです。キャッシングは、何度か借りました。でも、一万円は借りたことがありません。一万円という金額ですが、気軽に借りた方がいいですか。それとも、ちょっと待った方がいいですか。

一万円のキャッシングをどう考えるかはあなた次第

5万円も10万円も必要ないけど、1万円あったら助かる。そんなときは、誰でもあるかもしれないわね。一万円のキャッシングは、したらいいかどうか、という問題ね。まず最初に、キャッシングの会社は、1万円でも2万円でも、借りてもらって利子を払ってくれれば、満足よね。それなら、利用者から見たらどうなるか、ということになるわ。まず、第1に、キャッシングの現状を見て、第2に、一万円という金額について見てみましょう。

第1に、キャッシングの現状では、一万円という借入額は可能らしいわ。金利はもちろん多くはないわ。場合によって、例えば1週間とか無利息の期間のうちに返してしまう方法も利用できるわね。一銭も利子を取られずに、返すことができるかもしれないわ。でも、どうなのかしら。一万円て、わざわざキャッシングで借りて、利子を付けられて、返済していく手間や手続きが必要な金額なのかしら。本当に、キャッシングを必要としている人たちって、10万円とか20万円とか、そういう金額になるんじゃないの。

第2に、一万円を借りて、利子を付けて返すことの意味を、ちょっと考えたいわね。世の中には、お金持ちもそうでない人もいるわ。たとえば、1ヶ月10万円の収入で暮らせる人がいるとしましょう。その人は、1万円借りるかしら。少しでも節約したいときに、わざわざ利子を払ってまで、そんな金額を借りるかしら。ある人は、借りないで我慢した方がいいと、言うかも知れないわ。金利がもったいない。借りるのは見送る。何とか今日だけどこかのお金を当ててもいいではないか。そういう考え方もあるわ。

ある統計によると、定年後の夫婦の場合、毎月の生活費の平均は、約25万と言われているわ。ある意味で、1万円という金額は、借りなければ借りないで、何とか自分で都合が付けられる範囲の金額なのよ。一万円は、それでも、今この時、今日だけ借りられたらいいな、と思った人が思わず借りてしまう金額、という言い方もできそうね。

一万円のキャッシングは誰でも簡単に借りれる!

キャッシングから一万円借りることは非常に簡単です。基本情報として、キャッシングは申込先の利用条件をすべて満たしている必要があり、年齢制限や収入に関してなどしっかりと自分が申込先の条件を満たしているなら本当に簡単に一万円を借りることができます。

どのような人でも簡単に借りれるので、お金が必要なときは利用条件を確認しながら好ましい会社を探してみるとよいです。正社員の人なら余裕ですし、アルバイトやパートなど収入を得ている人なら誰でも絶対に借りれます。無職でも専業主婦でも利用条件さえ満たしているなら絶対に借りることができるので覚えておくとよいです。

少しでも審査で合格するために希望額は1万円と記載して申し込みましょう。この時に一点だけ注意をしておきたいことは、金融会社によって最低限度額の金額が異なるということです。自分は1万だけ借りることができればよい場合でも、金融会社によっては最低限度額が10万になっていることがあり、この場合なら嫌でも10万の限度額を持つことになります。しかし、キャッシングの仕組みとして限度額とはすべての金額を借りなければならないというルールはありません。限度額の中から自分の好きな金額だけを借りれるので覚えておくとよいです。
(⇒融資限度額はどのようにして決まるのか?

上記の関連した話として、限度額は何円単位で借りれるのか気になると思いますが、これは基本的に千円単位か一万円単位です。千円以下では借りることができません。会社によっていくらの単位で借りれるのかは異なるので、かなり小さな金額を借りる人はなるべく千円単位から融資を受けれる会社を選ぶと良いです。

最後のもっとも簡単に一万円を借りる方法を紹介しておきますと、最低限度額を簡単に持つために収入証明書が不要でも申し込める会社を選ぶと良いです。銀行キャッシングなどを探すと簡単に見つけることができますし、これだと申込みが非常に楽であり、審査で収入が問われないので合格しやすいです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.