事業資金をキャッシングできるのか知りたい

キャッシングベスト3

そこが知りたい!事業資金のためのキャッシング

事業資金のためにキャッシングで300万円の借り入れをしたいのですが、可能でしょうか。

最大500万円までの借り入れが可能です

キャッシングは目的が事業資金でも最大300~500万円の借り入れができます。必要書類は身分証明書、確定申告書(直近1ヶ月)、決算書です。3年以上の安定した収入があれば、審査には通りやすくなりますが、他社から多額の借り入れがあると、審査落ちすることもあるので、注意しましょう。また審査に通りやすくするために、虚偽の申告をすることは避けましょう。過去に借り入れがあった場合、それらの記録は5年間保存されるので、注意が必要です。

ただ事業資金は、総量規制(年収の3分の1以上の借り入れができない)の対象外なので、借り入れがしやすくなっています。多額の資金を借り入れしたい時は、独立系の消費者金融よりも銀行系の消費者金融をおすすめします。審査は厳しいですが、金利が低いというメリットがあります。
(⇒審査が厳しいほど借りる時にメリット大?

また30日以上の無利息期間サービスがあったり、24時間ネットから簡単に申し込みができ、即日金額が口座に振り込まれます。貸金業者のホームページの借り入れ診断では、収入と借り入れ額から借り入れの可否がすぐに確認できますので利用してみましょう。またわからない事があったら、電話で相談する事がおすすめです。会社によって、様々な規定があるので、返済方法も含めて、合理的な借り入れをすることができます。

事業資金にも利用できるキャッシング・サービス

事業資金に使えるサービスとしては一般的に金融機関がサービスしている融資と考えられてきましたが、消費者金融を中心に事業用のキャッシング・サービスがサービスされてきています。
(⇒事業者向けの融資ってどんなの?

事業用のキャッシング・サービスと一般向けのキャッシング・サービスと違いはほとんどありません。事業用の場合は借り主が会社もしくは社長となります。借りる際にも一般のキャッシング・サービスと同様にコンビニのATMから借りられますし、WEB上から指定口座への入金も利用できるサービスも多くあります。融資との違いはいくつかあります。
(⇒事業者でも借りやすい融資は貴重?

大きな点としては借入可能額内であれば借り入れが何度でもでき、繰り上げ返済も自由に行える点があります。融資の場合は決められた金額を一度に借りることになり、返済も基本的には契約期間で終了することを求められます。繰り上げ返済は可能ですが、残債を一括返済が求められます。

また、融資とサービスとの違いで大きい点は契約期間の更新がされるかどうかです。融資の場合は1契約ごとに審査が行われ、基本的に更新はなく、新規の融資を契約するということになりますが、融資を無事に完済したとしても次の融資が必ず利用できる保証はまったくなく、あくまでも契約ごとに厳密な審査が行われます。事業資金としてはあてにしたいがかなり厳しい対応も覚悟しておかなくてはなりません。

しかし、事業用キャッシング・サービスの場合は返済が滞っていない、収入も確定している場合には一般的に自動更新されます。更新期間は決められおらず、事業資金として考える場合にもかなり都合の良い資金として考えられます。

融資との違いは多々ありますが、便利で、安心して利用できるという意味でも事業資金の一部として利用する企業が増えています。ただし、一般的に金利面ではたた不利なことも多いので注意が必要です。特にリボルビング払いでの返済をする場合は融資よりも大幅に高い金利が求められる事が多いようです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.