至急お金が必要!すぐにキャッシングで借り入れできる?

家賃の支払いのための現金が必要なので、至急キャッシングで借り入れしたいのですが、可能でしょうか。

ネット申し込みで最短1時間での借り入れが可能です

独立系のの消費者金融であれば、ネットや電話での申し込みで最短1時間での借り入れが可能です。金利は最大20%ですので、返済計画だけは立てておきましょう。ただ大半の消費者金融が銀行と提携しているところが多いので、審査に時間がかかるというデメリットはありますが金利は低くなりますし、10日以上の無利息期間が設定されているサービスもあるので、安心した借り入れができます。

ただキャッシングの申し込みは単純なものではありません。個人情報や収入、勤務先の規模、居住形態など細かく申告していきます。パスポートや運転免許証などの身分証明書も用意しましょう。また年収の3分の1以上の借り入れはできないという法令がありますし、50万円以上の借り入れや他社から100万円以上の借り入れがある場合には源泉徴収票などの収入証明書が必要になります。

審査で必ず行われるのが職場への在籍確認の電話です。本人が実際に申告した勤務先に在籍しているのかを調べるのですが、会社名は名乗らずに個人名でかけてくるので、貸金業者からの電話と言うことはバレずにすみます。また電話の時間帯を予め打ち合わせする事もできるので便利です。借り入れをすると自宅に明細書が送られてきますが、封筒には会社名の代わりに事務センターなどの名称が書かれているので、家族に対しても秘密裏に借り入れをすることができます。
(⇒融資は本当に内緒で使えるの?

至急現金が必要なときのキャッシングについて

現金が至急必要になったというときには、目的に関わらずキャッシングを利用するのがおすすめです。元々、キャッシングやカードローンといった融資は事業用の資金としての使用を除いては、目的を特に問われない性質の融資となっていますので、どういった借り入れに関しても対応することができます。不動産などの担保提供をしたり、保証人をつけたりする必要もありませんので、誰でも借り入れの申し込みをすることができますし、審査の項目もそれほど多くありませんので融資までのスピードが早いという特徴もあります。
(⇒ほとんどのキャッシングでは保証人不要です

一般的には、銀行系は保証会社も審査を行うので若干時間がかかりますが、消費者金融は審査に通りやすい傾向がありますし、融資までのスピードも非常に早いといわれています。そのため、急いで現金が必要なときには申し込みをしてからその日のうちに借り入れをすることができる、即日融資の消費者金融系を選ぶのが良いでしょう。
(⇒審査の通りやすさについて考える

このように利便性の高いキャッシングですが、貸し倒れを防ぐ意味もあって利息は通常の目的別ローンに比べるとやや高めに設定されています。しかし、利息は日割り計算になっていますので、借入をしてから早いうちにまとまった金額を返済すれば、それほど利息の負担は大きくなりません。キャッシングでは、残高スライドリボルビング払いといって、毎月の借入残高に応じて決められている約定返済額を返済しているうちは、利用限度額の範囲内で自由に追加借入や繰り上げ返済ができるようになっています。

もちろん、これらの取引に手数料や手続きなどは必要ありませんので、極端に言えば、借入をしたその日に一括返済をするということも可能です。この場合には利息が一円もかかりませんので、出先で現金が足りないときなどに利用すれば、キャッシュカードの利用手数料よりも安く済ませることができます。毎月の返済額もかなり安い金額に抑えられていますので、無理なく返していけます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.