闇金業者のキャッシングには、具体的にどんな危険性があるの

自己破産4年目です。当然、融資を受けることはできませんが、これを反省期間だと捉え、堅実な生活を送っています。金銭感覚も、徐々にですが持ち直してきました。しかし最近になって、町の至る所に闇金業者の貼り紙が貼られるようになったのです。

いけないと分かってはいても、ついつい貼り紙に近寄って凝視してしまい、情けない限りです。そこでお聞きしたいのですが、闇金業者のキャッシングには、具体的にどんな危険性があるのですか?誘惑に負けないよう、気を引き締めたいのです。何卒宜しくお願い致します。

高金利、悪質な取り立て、個人情報の漏洩などとなります

闇金業者とは、基本的に違法な金利で取り立てを行っている消費者金融を指します。契約時の約束が守られないケースもザラですし、僅かでも返済が遅れれば、勤務先だろうが自宅だろうが押しかけてきます。そして、個人情報の取扱も見逃せないポイントです。一度個人情報が闇金業者の手に渡れば、完済をして手を切ったつもりでも、悪質なダイレクトメールが自宅に次々と送られてきます。

また、闇金業者とは別に、「街金」と呼ばれる零細の消費者金融が御座います。こちらは大手の消費者金融とは異なり知名度も低く、闇金業者とくらべ危険性は知れ渡っていませんが、悪質な業者が数多く存在しています。万が一、生活が立ち行かなくなり、利用せざるを得なくなった時は、入念な下調べを怠らないようにしましょう。
(⇒安全な金融業者はどう探す?

ブラックの場合のキャッシングは闇金にご注意を

キャッシングをしたいけど、ブラックリスト入りしているとか、総量規制などで、もう限度いっぱいまで借りている場合はどのようにすればいいでしょうか。その時には、中小の消費者金融が便利です。また、大手業者であっても、ブラックでもOKの所もありますし、総量規制外の融資を行ってくれる会社もありますので、そういうのを利用するといいでしょう。

これらの業者のいずれも、ネット検索をすればかなりの情報がヒットします。中小の業者の場合は、融資額は少ないのですが、審査基準が緩いため、ブラックだけど少額でも借り入れたい場合にはお勧めです。また、ブラックでも大丈夫な大手業者の場合も、最初は5万円程度のキャッシングからのスタートになります。それでも、きちんと期日までの返済を繰り返して行けば、段々と借入可能枠を広げてくれるようになります。
(⇒中小消費者金融は即日融資も可能?

一方で、気を付けたいのが闇金です。闇金は非合法の貸金業者で、金利が異常に高いか、あるいは1パーセント程度と非常に低く、返済が遅れた場合の取立てが容赦ないことで有名です。表向きは中小の消費者金融を装っていますが、通常の貸金業者であれば、必ず店内にあるはずの貸金業者登録番号がありません。また、連絡先が固定電話でなく、携帯の番号しかないような場合や、殊更にブラックでもOKを売り物にしている業者には、注意が必要です。

もし闇金を利用してしまったことに気が付いたら、まず消費者生活センターや、弁護士会の無料相談などで相談をもちかけてみましょう。もし弁護士や司法書士に知り合いがいる場合は、そこで話してみるのがベストです。元々非合法の業者ですから、返済をする必要はありません。また、弁護士や司法書士が介入通知を出せば、向こうからの取立てや督促の電話も来なくなります。それでも来るような場合には、再度相談をするようにしてください。また、闇金のデータベースがネット上にありますので、それでチェックをしてから借入を行うようにしましょう。

【参考ページ】
総量規制による決まり事

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.