生活保護でお金がないがキャッシングしたい

キャッシングベスト3

生活保護受けていてお金がない。キャッシングしたいです

45歳の時に脳梗塞で倒れて、左半身マヒになってしまいました。勤めていた会社を退職し、退職金と今までの貯蓄で細々と生活していましたが、それも8年ほどしかもちませんでした。今は生活するためのお金がなくなったため、生活保護を受けています。倒れるまでは、自分の健康を過信していたのかもしれません、毎晩遅くまで飲み歩いてタバコも1日2箱ペースで吸っていました。当時10歳下の彼女と付き合っていたのですが、仕事が忙しかったこともあり、結婚はなんとなく避けていましたね。倒れてから、ちょっとの間はお見舞いやら面倒をみてくれていましたが、結局離れていき、今は独りです。

こんなことになるなら結婚しておけば良かったと後悔していますが、今となってはどうしようもありません。両親を早くに亡くしてひとりっ子なので、完全に身内はいません。生活保護でもらえる額で何とか生活していますが、どうしてもお金が必要なときがあります。生活保護を受給中でもキャッシングはできるのでしょうか。
(⇒仕事をしていても融資って可能なの?

一般の金融機関でのキャッシングは厳しいでしょうね

生活保護を受給中でも突然お金が必要になることはありますよね。では、生活保護を受給中の人がキャッシングに申し込んで、審査に通るのでしょうか。残念ながら、審査以前の問題で、生活保護を受けている人の借金は原則禁じられています。

生活保護を受けていても、アルバイトか何かで少しでも収入があれば、審査に通りやすいといえるでしょう。アルバイトをした分は、もちろん生活保護費から引かれます。同じ金額なら「アルバイトなんてしないで、生活保護をもらったほうが得だ」と、考える人がいますが、決してそうではありません。生活保護とは「人間が最低限生活していけるだけの支援」になるので、ある程度お金の使い道が制限されてしまいます。贅沢品の購入も認められていません。自分で稼いだお金が少しでもあれば、自由も手に入るし、今回のようにキャッシングも堂々と申し込めるわけです。

ただ、今回は体が不自由なので、ちょっとしたアルバイトでも働くのは難しいかもしれませんよね。家族も身内もいないとのことなので、精神的にも辛いでしょう。生活保護を受けているとのことですが、障害者認定は受けていますか?障害者認定を受けることで、生活保護とは違った支援が受けられますので、担当のケースワーカーに相談してみてください。

さて、キャッシングですが、世間一般の金融機関で借りるのはやはり厳しいでしょう。まっとうな商売をしている金融機関であれば、断られるのが当たり前と思ってください。仮に融資してくれるところがあったとしたら、ちょっと怪しいと思ったほうがいいかもしれません。(参考ページはこちら→怪しい金融業者の特徴

金融機関はあきらめて、全国社会福祉協議会というところを頼ったほうがいいと思います。これは、住んでいる地域の各市区町村にある機関で、生活保護受給者・低所得者・障害者向けに「生活福祉資金」といって、貸付をおこなってくれる制度のことになります。

申し込みは、住んでいる市区町村の社会福祉協議会にておこないます。連帯保証人は立ててもたてなくても問題ありませんが、連帯保証人がいる場合は無利子、連帯保証人がいない場合は1.5%の利息が発生します。ここでも一般の金融機関と同じく、審査はありますが、体が不自由ということを最大限に考慮してくれるはずです。

一人で考え込んで、闇金に手をだすのではなく、まずは社会福祉協議会に相談しましょう。お金の面だけではなく、これから自立するための手助けにもなってくれるはずです。あきらめず前向きに頑張ってください。

生活保護お金がないのでキャッシングしたい人のための裏情報

お金が必要な時に、お金がまったくないととてもつらいものです。大切な人のお葬式にも、お金がなくていけないのはとても悲しいことです。普段からいざという時のために、貯金をしておくことはとても大事ですが、病気で働けなかったり、会社が倒産してしてしまったりと、いろんな事情で、お金を貯めることができないこともあります。

万が一に備えて、貯金もとても大事ですが、金融機関などでキャッシングできるカードを一枚作っておくことも大事です。金融機関からキャッシングするのは、まだまだ悪いイメージを持っている人も多いですが、あまり多い金額を借りず、すぐに返済すれば、利子もほとんどつかないので、他人から借金をするよりも気が楽です。キャッシングできるカードがあれば、どうしても今夜中にまとまったお金が必要な時も、コンビニのATMで簡単にキャッシングできるので、本当に助かります。

キャッシングの申し込みは、店頭まで行かなくても、今はインターネットができる環境があれば簡単に申し込めます。急いでいる場合は、即日融資を受けられる業者もあるので、利用すると便利です。キャッシングの申し込める条件は、満20歳~65歳未満の安定した収入がある人となっていて、パートやアルバイトでも安定した収入があれば申し込めます。生活保護お金がないのでキャッシングしたい人はいますが、一般的に生活保護受給中にお金を借りることはできません。

もしも生活保護受給者に簡単にお金を貸してくれる金融機関があったら、それはヤミ金と疑った方がいいでしょう。どうしても生活保護受給者がお金が必要な時は、福祉事務所のケースワーカーに相談してみるといいでしょう。冠婚葬祭などの正当な理由がある場合に限り借り入れが可能になります。

その際は、多額なお金は借りることができず、少額融資となりますが、正当にお金を借りれるので安心です。借りたお金は、毎月の生活保護費から引かれることになります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.