キャッシングローンの審査は限度額が多くない方が通りやすいの

新たにキャッシングローンの審査を受けようか考えているのですが、現在他社からの借り入れが40万円あります。この場合、審査は希望する限度額が多くない方が通りやすいのでしょうか?とりあえず希望する限度額は50万円ですが、審査が厳しくなるようでしたら、30万円か20万円程度に落としたいと思っています。(参考ページはこちら→融資希望額が審査基準に影響する?

総量規制を抜きにしても、限度額は低い方が通りやすくなります

まず、総量規制という決まりによって年収の1/3以上の融資を受けることは禁じられていますので、仮に希望する融資限度額が50万円だった場合、年収270万円でギリギリといったところでしょう(40万円+50万円=計90万円と、ちょうど1/3)。しかし、あなたの年収が270万円を下回るなら、希望する融資限度額を引き下げる必要が御座います。

また、総量規制の対象は消費者金融です。銀行であれば年収の1/3以上の融資を受ける事が可能なのですが、だからといって、他社で何回も返済の遅延を繰り返しているようでは、審査は絶望的と言ってもよいでしょう。もちろん、それ以外にも様々な要因が絡んできます。

総量規制を抜きにして考えても、限度額は低い方が通りやすくなるのが現状です。融資限度額の増額なら後々可能ですし、なにより借り過ぎは大変危険。とりあえずは万全を期して、必要最低限か、それ以下の融資限度額でお申し込みをするのが安全ですね。もちろん、ご自分の年収を把握しておくことも忘れずに!
(⇒その他の融資に通るコツ

キャッシングローン多くないと余裕を持って利用できます

クレジットカードやキャッシングカードなど、お金に関するカードはたくさんあると思いますが、それぞれに利用限度額が設定されています。基本的には、その利用限度額内で何度でも利用できるので、とても便利なものであると考えられています。

ただ、キャッシングローン多くない場合は、無駄なお金を借りているわけではありませんし、返済も滞ることなく、毎月きちんとできているはずですので、信用度が増してきます。社会人であれば、いろいろな出費が多くなります。日常生活でも普段の生活費以上の出費がたまにあるはずです。入院費用であったり、接待費用、子供の教育費など、毎月の生活費に加算されていくと、すぐに支出が収入をオーバーしてしまいます。そこでキャッシングを上手に使って家計のやりくりをしていくというわけです。

キャッシングローン多くない場合でも、利用限度額が多い場合は、金利がとても低くなります。利用額が1万円でも100万円でも同じ金利が適用されますので、できるだけ低い金利であるほうが、特になります。カードローンなどで利用限度額が高いからと心配になり、利用限度額を下げる人もいますが、これは逆に損をすることになります。利用額が少なくても毎月きちんと返済している人であれば、信用度が上がり、利用限度額を上げることができます。

利用限度額の増額申請は、新規申し込み後すぐにはできません。一年や三年といった少し長い期間を経過してから、増額申請をすればいいでしょう。その間、コンスタントに利用していれば、キャッシングローン多くない人でも、しっかりとカードローンの利用実績を積むことになります。こうした利用実績は焦らず時間をかけて作っていくべきです。場合によっては、最高限度額まで借りることができる場合もあります。積極的にキャッシングローンを利用している人もたくさんいますので、単にお金を借りるという発想から、お金を活用するという発想に変えてみるといいでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.