キャッシングを受けなければいけないのですが、色々と不安です

今度キャッシングの審査を受けることになりました。理由は生活費への補充で、妻と話し合って決めたことです。しかし、この手のカードを契約するのは初めてなので、どうしても不安が拭えません。審査自体の合否ももちろんなのですが、いつ誘惑に負けて使い込んでしまわないかが、とても怖いのです。キャッシングに利用にあたって、何かコツのようなものはありますか?
(⇒お金を借りる前にまず意識しておきたいこと

常に自分を律し、正しい金銭感覚を保ちましょう

審査はカード類のご契約が初めてのようですので、極端に収入が低くなければ特に問題は無いでしょう。問題は、もう1つの方ですね。キャッシングはとにかく誘惑の多いサービスです。学生のような、多感で誘惑の多い時期に契約をした方は、毎年一定数が身を持ち崩してしまいます。社会人の方も同様で、債務整理や自己破産。もっと酷いと、家財の差し押さえや離婚というケースも…。(参考ページはこちら→自己破産してしまうとどうなるの?

本来の目的は生活費の補充なのですから、それが終われば解約をしてしまうのも手です。でも、せっかく契約をされたのですから、使いこなせるよう頑張ってみましょう。キャッシングは賢く利用すれば、とても心強いサービスにもなります。

最も簡単な対処法と致しましては、キャッシュカードを持ち歩かないというものが御座いますね。また、欲しい物を一旦我慢し、冷却期間を置くことも大切です。とにかく最初は、「何が本当に必要か」を見極める能力が肝要になります。常に自分を律し、正しい金銭感覚を保ちましょう。

キャッシングは安全に融資が出来るもので不安はない

キャッシングほど安全に融資が出来るものはありません。キャッシングは、消費者金融が提供している独自のサービスのことを言います。貸金業法という法律によって法律的にもきちんと消費者が守られているサービスですので、これを利用することによって消費者にとって意図的に不利な立場に立たされるようなことは絶対にありません。何も不安なことはないのです。

基本的に、融資の契約に関して大きなトラブルの原因となるのは、利息なのです。利息は、簡単に言うと金融機関の利益の取り分のことを言いますので本来ならば消費者金融が自由に設定できる権利を持っています。しかし、無理な利息を請求すると利息を返済する消費者の負担も大きくなってしまいますので、法律によって必要以上の利息を請求することが出来なくなっているのです。

特にキャッシングに関しては一昔前まで大きな問題点がありましたので、余計に厳格な基準が設けられています。元々、少額融資に対する利息に関する法律は二つ存在したのです。一つは利息制限法で、もう一つは出資法と言います。融資に関して適用することが出来る法律が多く存在していましたので、利息に関する範囲について大きな問題点があったのです。
(⇒借入額の基準について

しかし、このような問題点が改善されたことによって、現在では利息制限法に統一されて融資が提供されています。消費者金融が意図的な手段によって利息を上乗せすることが出来なくなっており、仮に消費者金融がそのようなことをしてしまうと行政処分の対象になってしまいます。現在では、消費者を守るための法律が整備されているわけです。

このように、キャッシングに関する不安点は全て無くなっています。利息の範囲は必ず一定範囲に収まるようになっており、中には無利息でお金を貸してくれる消費者金融もあるくらいなのです。少額融資のサービスが借りやすいサービスであるのは、最初から法律によって融資の当事者を保障するための制度が存在するからなのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.