自由業はキャッシングの資格はあるんですか

キャッシングベスト3

自由業でもキャッシングの申し込みの資格ありますか

俺は自由業と言われる仕事をしている。あんまり売れっ子でもない漫画家である。子供の頃から漫画家に憧れ、ひたすら出版社に自分の描いた漫画作品を投稿したり、直接持って行ったりした。俺の両親は「決して漫画家で一生くっていける保証はない、普通のサラリーマンにでもなってほしい。」と言われてきた。が、俺はやっぱり漫画家になるという夢を捨てきれず、ひたすら応募し続けた。あれから10年。俺は30歳になり、やっと出版社に作品を認められて晴れてデビューとなった!

出版社のSから連載漫画を描くように依頼され、俺はスポーツ漫画を描き始めた。SJと言う漫画雑誌に俺の描いた作品が掲載されるようになった。しかし・・・!思ったほどの反響は無く、出版社から原稿料は払えないと言われた。俺は何とかヒットさせるような作品をどんどん描き続けていった。しかし、子供の頃の描いていたイメージと違い、漫画家の世界の厳しさと現実を知ったのだ。両親の言う通り、サラリーマンになるべきだったのか。漫画家は作品が売れれば原稿料がどっと入る!もっと俺が努力さえすればいい作品が描けるのではないのか?

ところで俺みたいな自由業なキャッシングの申し込みの資格はあるのだろうか?俺の漫画事務所の新しい立ち上げでお金が要るようになったので。両親からも相当援助を受けた。

自由業でもキャッシングの申し込みの資格はあります

自由業でもキャッシングの申し込み資格はあります。現代はサラリーマンや公務員などの申込者だけでなく、バイト、パート、派遣社員などの非正規でもキャッシングの申し込みはどんどん増えていく傾向にあります。

申し込む際には必ず審査がありますので、自由業の方には審査の緩い消費者金融の方がお勧めです。審査は金融業者によって千差万別なので、厳しい所も沢山あります。特に銀行がそうです。金利は消費者金融より若干低めでも、審査については安定・定期的な収入がある職業柄の方が審査には通りやすいと言われています。

自由業は審査が通りにくいです。やはり収入が不安定ということで審査に落ちる可能性が高いからです。特に漫画家とあれば、作品がヒットすれば沢山の原稿料が入りますね。でもヒットしない限り、原稿料は入りません。もしアシスタントを雇っていたとしたらその人たちに給料を払わないといけません。あなたはアシスタントを雇ってるんでしょうか?そして給料は払ってますか?

自由業というのはそもそも雇用関係のない職業をさしますね。勤務時間も決まっていない、休日も決まっていない。そういった形が多いです。仕事を選ぶのに時間の束縛されたくない人が自由業につく傾向にあります。

あなたは漫画家であってもなかなかヒットされないとのこと。子供の頃からの夢はかなえられても漫画家の仕事の世界において本当の現実を知らされたのですね。これからはどんな作品を描かれていくのでしょうか?

新しい事務所の立ち上げでキャッシングを利用したいと言うことですね。初めてのキャッシング利用ですから、まずは審査の通りやすい消費者金融を探すことをお勧めします。

クレジット会社に1件だけ自由業でも比較的審査に通りやすいと言われる所があります。それはA A Master Cardです。詳細などは一度インターネットで調べてみるのもいいですよ。申し込みはあなたの判断にお任せします。

自由業の人はキャッシング審査に通りにくいって、本当?

急にお金が必要になることって、時々ありますよね。年に何回かは訪れる、まるで恒例行事のようなものです。

お金が必要な時に、手持ちの現金があれば問題ありません。また、預金が口座にあれば、これも問題ありません。問題なのは現金も預金もない時です。そんな時に、急に冠婚葬祭の連絡が入ったらアウトです。

いざという時に備えておくのは、社会人のたしなみでしょう。収入が高いか低いかということとは別として、大人としてお金を出すべき時にはお金を出さなければなりません。それでも現実的に急な出費が厳しい仕事の人であれば、キャッシングを契約しておくよりほかはないでしょう。

キャッシングを契約しておけば、急なお金が必要となった時には、銀行やコンビニのATMから借り入れをすることができます。借り入れたお金は、翌月から金利を付けて返済していくことになります。金利と言っても、住宅ローンのような大金ではないので、1万円に対して数百円程度といった程度のものです。返済期間中には、一日にたばこ1本減らせば、十分に金利分になります。

ところで、キャッシングは借金なので、申し込みの際には審査があります。審査に通らないと、契約をすることができません。しかし、審査に通る人と通らない人がいるのも現実です。どんな違いなのでしょう。

キャッシングの審査で重視されるのは、収入の額ではなく、収入の安定性です。安定的な収入が見込まれれば、たとえアルバイトであろうが審査には通ります。逆に、安定的な収入が見込まれなければ、社長でも審査に落ちることがあります。

よく自由業の人は審査に通りにくいと言われますが、自由業だから通りにくいのではなく、収入の安定性が見込まれないから通りにくいのです。逆にいうと、自由業であっても、収入の安定性を示すことができれば、容易に審査には通ります。

職業の別ではなく、収入の安定性。これがキャッシングの審査に通過するためのポイントです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.