キャッシングとの関係を終わることは可能?

キャッシングベスト3

キャッシングとの関係を終わることってできますか?

キャッシングをすると契約ってすることになりますよね。この契約状態を終わる事って出来るものなのでしょうか。

それとも、一度キャッシングしてしまったらキャッシング会社との契約関係はずっと続くことになっちゃうものなのでしょうか。

キャッシングの契約は解約手続きで終了することが可能

キャッシングを一度契約すると、契約期間というものが設定されます。これは、この期間は自由に利用できますよ、という期間で人によって違うということはなく、基本的にキャッシング会社が定めている一定期間を利用者全てが利用出来るというものです。ではこの契約期間が過ぎてしまえば契約自体が終了となる、という事になるような気もしますが、実は契約期間というのは自動更新という事になっていることがほとんどです。つまり、自分で申請しなくても年齢制限上限まで自由に利用出来るという事になっているのです。それまでキャッシング先との関係が続くという事ですね。
(⇒融資の契約状況について

ただ、キャッシングは必要だから申し込んだと言ってもずっと必要になるわけではない人もいるでしょう。一時的に出費が増えてしまう分の補填するため、と言う人もいるでしょうから、そういう人はもうキャッシングを利用することは無いしいつまでも契約状態では少し気持ちが悪いと感じるかもしれません。でも契約は自動で更新されてしまう…この状況を打開する方法がないか、ということになりますが、キャッシングの解約手続きをすることで契約を終了させることが出来るようになっているのです。

解約手続きの方法は簡単です。ネットで会員ページを設けているようなキャッシング先であれば会員ページ内で解約手続きが出来る場合もありますし、解約手続きの申し込みをネットでして書類が郵送され来る、と言った場合もあるでしょう。ネットで出来なくても、カスタマーセンターや担当窓口に電話をして解約した医という事を伝えるだけで、キャッシングは簡単に解約することが出来るのです。いざという時すぐにキャッシング出来るのは便利ですが、当分利用する予定が無いのであれば一度解約してしまってすっきりするというのも良いかもしれません。
(⇒結局解約はあり?無し?

審査が早く終わるキャッシングを利用したい

審査が早く終わるキャッシングを利用したいと思う方もいるかもしれません。

キャッシングにもいろいろなサービスがありますが、審査が早く終わるところは、消費者金融系のキャッシングです。キャッシングには銀行系もありますが、銀行系は金利が安い分審査は厳しいため、融資が受けられるまでに時間がかかります。消費者金融は逆に金利は高めに設定されていますが、審査基準が優し目で、一営業日以内での審査終了も可能であり、即日融資も利用できます。とはいっても、無審査というわけではなく、一定の審査に通過しなければ利用はできません。

審査対象となる項目にはいくつかのものがあります。一つは、現在の収入状況です。収入状況は、文字通り今現在の収入額も重要ですが、申込者に定期的な収入があるかどうかもチェックされます。雇用形態は正社員が有利ですが、パート、アルバイト、派遣社員だっても、収入に定期性があれば利用することができます。収入状況のチェックは、勤務先への在籍確認電話、収入証明書類のチェックなどによって行われます。収入証明書類としては給与明細や源泉徴収票がありますが、それらの書類を用意する必要があります。
(⇒融資に通過できる最低条件について

現在の借入状況も、重要な審査対象となります。特に他社からの借入件数が重要ですが、消費者金融系を利用する場合、他社からの借入が年収の3分の1に達する場合は新規の利用が難しくなります。

加えて、過去の金融事故情報も調査されます。過去の金融事故には、返済遅滞、強制解約、自己破産、債務整理などがあります。こうした金融事故の履歴をもつ人は、新規で融資が困難となります。

さて、審査が早く終わるキャッシングとしては消費者金融系が有効ですが、消費者金融系の場合は、総量規制の対象になることを覚えておきましょう。
総量規制とは、貸金業法で定められた借入制限のことです。具体的には、申込者の借入額について、年収の3分の1までしか借入を認めない規制のことを指します。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.