筑波バンクカードキャッシングで一回の借入額の限度は?

筑波バンクカードって有るみたいなんですがキャッシングの借入限度額っていくらで設定されていますか?クレジットカードを作ろうと考えているんですが筑波銀行に口座を持っているので、どうせならそこで作った方が給料の口座から引き落としとか一括できるので便利かなと思っています。どんな種類のカードが有るか、どういうシステムになっているかわからないのでそこらへんが知りたいのと、キャッシング枠が有るか、有ればいくらまでキャッシングできるかが知りたいです。
(⇒みんな気になる融資の限度額決定基準

つくばバンクカードはキャッシング借入限度額50万円です

筑波銀行が取り扱っているつくばバンクカードですね。クレジットカード機能やキャッシング機能などがつきとても機能的なカードと言えるでしょう。元々口座を持っていて給料振込など指定している方などはこれ1枚でいろいろ処理できるのでとても便利に使えそうですね。カードは3種類あるみたいで、「クラシック」「ヤングゴールド」「ゴールド」と有るようです。年会費や年齢枠などが違うようでそれぞれ付帯サービスも変わって来るようですがキャッシング機能についてはどれもいっしょのようですよ。

そのキャッシング機能についてですが、一括支払いとリボ払いで限度額が変わってきます。一括支払い(月一回の定期日に一括引き落とし)については上限30万円になっています。一方リボ払いの場合は上限が50万円になっていますね。実質のキャッシング借入限度額としては50万円になるようです。利息に関してましてはいずれも年利15%になっていますので、キャッシングとしては低い利息になっていると言えるのではないでしょうか?
(⇒もしもリボ払いで返済する場合の注意点

それ以外の付帯サービスとしては、WAONカードやETCカードも申し込みによって作成ができるようです。また海外旅行保険なども付けることが可能なようですね。キャッシングだけを見たら限度額が少ないかもしれませんが、そんなに必要ないという方であれば十分な金額でしょう。多機能、利便性という面で結構すぐれたカードと言えそうですね。

筑波バンクカードキャッシングの内容と一回の借入額

栃木県土浦市に本店を構え、本部機構を土浦市に置く筑波銀行は、1952年(昭和27年)9月に株式会社関東銀行として銀行業を開始しました。現在の形になったのは、2010年(平成22年)3月1日に前身である関東つくば銀行が茨城銀行を吸収合併することで誕生しました。

最新の店舗数は、147店(茨城県内131、県外16)として公表されており、関東を代表する霊峰「筑波山」と研究学園都市「筑波」にちなんだ筑波銀行の名称は多くの方に知られています。

筑波銀行で提供している筑波バンクカードキャッシングは、インターネットからのお申込みが出来るので、わざわざ店舗まで足を運ぶ必要がありません。忙しくて店舗に出かけられない方にとても適した商品です。また、筑波バンクカードは、キャッシュカード・デビットカードとしてのご利用のほか、クレジットカードとしてのご利用が出来ます。1枚のカードで多彩なサービス利用が出来るので、便利な生活アイテムと言えるでしょう。
(⇒融資へのネット申し込みはとても簡単?

ご利用いただけるATMのは、当行ATMおよびVISAマークのある全国の提携金融機関のATM、郵便局のATM等です。現金の引き出しやキャッシングにご利用いただけるところが、全国どこにでもあるのが大きなメリットです。

また、筑波バンクカードキャッシングは、「つくばBANKCARDゴールド」、「つくばBANKCARDヤングゴールド、「つくばBANKCARDクラシック」のいずれでも、ご利用枠が0円~50万円、金利年15.0%です。いざという時に必要な資金を調達するのにちょうどよい金額ではないでしょうか。一回の借入額は、キャッシング残高がご利用枠の範囲内であればATMでキャッシングをしていただけます。また、ご返済方法は、毎月一定金額を返済する「キャッシングリボ方式」と、まとめてご返済する「キャッシング一括返済方式」からご希望のタイプを指定することが可能です。
(⇒融資の気になる返済方法の違いを聞く

クレジットカードは、公共料金の引き落とし、携帯電話料金の支払など生活に必要な支払の場面で大きく役立ってくれるものです。これからカードを作ろうとされている方は、こちらのカードを選択肢の一つにされてはいかがでしょうか。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.