オリコのキャッシングの利子は高いですか

キャッシングベスト3

オリコのキャッシングの利子は他社より高い方か低い方か

オリコで一度キャッシングを利用し、返済しました。私が気になるのはオリコは他社の金融業者と比べて利子は高いのか、低いのかそれが知りたいです。もし他の所より低いのならまたオリコで利用しようと思いますすが、高いのなら他に変えようかと検討も視野に入れてます。
(⇒オリコと他社の気になる比較結果

利子は金融業者によるでしょうが、どんなものですか?

オリコのキャッシングは利子は他社より高めです

オリコの実質年利は15.0%~18.0%に設定されています。10万円以上のキャッシングをすると15%の利子がつきます。コンビニや銀行などのATMでキャッシング利用されますと、ATM手数料とか、引き出し手数料が付きますので、返ってキャッシングする際にますます手数料云々で高くなってしまいがちです。そして引き出した瞬間からもう利子は付きますので、全部換算しただけで、もっと高くなります。これはどこのクレジット会社のキャッシングであれば共通する点でもあります。
(⇒コンビニATMは融資も普通に使えます

安くキャッシングを利用するにはどうするべきか考えてみましょう。そんなに急ぎでなければインターネットからの申し込みの方がより安い利子でキャッシング出来ます。口座があればネット申し込みしたことにより、翌日には申込者の口座にキャッシングした希望金額が入金されます。ATMでの手数料がかからず、利子のみで手続き完了です(参考ページはこちら→ネットからの融資の使い方)。

ではここでオリコよりも利子の安い金融業者を3社あげていきます。
第1位 P
第2位 L
第3位 M
以上の3社です。特に第1位の金融業者Pでは○か月無利息の特典が付いております。これは非常に助かりますね。

オリコの場合、キャッシングの一括返済よりも、リボ払いの方が金利が非常に高くなります。リボは分割払いですから、長期にわたればわたるほど利子がその分またまた高くなります。だから返済完了しても、結局高い利子で支払いを終えるので、その利子の合計を把握することはまず少ないと言えるでしょう。

それからオリコでは海外でも勿論キャッシングは利用出来ますが、リボ支払いのみに限られてます。ですから海外であっても後日日本の円単位で引き落としされますから、なかなか海外ではいくらキャッシングしたのか確実な価格が分からないのがネックです。アメリカでしたら、今1ドルが日本円にしたらいくらなのか?を知っておいてキャッシングした方がお勧めです。

オリコに限らず、クレジット会社や銀行系、消費者金融でもキャッシングサービスは沢山取り扱っています。オリコだけで所持してるんでしたら、他にも・・・と考えないで、1社で絞ってキャッシング利用した方が多重になる危険性はまず低いので、オリコのみでこれからも使用していく形で如何でしょうか?

結論から申しまして、私はオリコならオリコのみのキャッシング利用1本で絞った方が無難です。

オリコのキャッシングの利子の考え方について

オリコがさまざまなローンを続々サービスしていることもあり、オリコのキャッシングの利子が気になる方が多いようです。オリコのキャッシング・サービスは主に2つに分けられ、事業用、個人用とがサービスされています。どちらのサービスも契約方法が違うだけで借りられる場所や利息、審査の方法はほぼ同じになっているようです。利子の計算で考えると支払い方法が3つありますので3種類の利子計算があることになります。

1つめは翌月一括払いの場合、2つ目は分割払いの場合、3つ目はリボルビング払いの場合の計算方法です。翌月一括払いの場合、キャンペーン時などは金利計算を行わないこともあるくらい、金利は少なめに設定されています。分割払いの場合は回数によって金利が変わってきますが、ほとんどのサービスの場合、返済回数が多くなれば金利が下がる傾向にあります。リボルビング払いでは利息計算が他の2つとは違う方式がとられます。(参考ページはこちら→リボ払いによる返済はかなり特殊です

リボルビング払いは借入額によらず、月の支払いを一定にできる利点があります。その上、返済金額を基本返済額の他にいつでも上乗せ返済や一部の繰り上げ返済が可能となっており、自由な利用ができると人気の高い方法ですリボルビング払いでの金利計算は返済時と借入時双方で行われます。他の返済方法では借入時に金利計算が行われますがリボルビング払いでは計算回数が多くできることで一部繰上げ返済にも対応できると言われいます。

しかし、リボルビング払いでは一つ注意しておく必要があります。それは金利計算は残債を元に計算されるということです。残債が減れば金利も減りますが、リボルビング払いで借り入れをした際には他の方法とは違い利用した金額で計算が行われず、新規の借り入れを入れた残債での計算となる点が大きく違います。返済額をある程度自由に設定できるので他の方法よりも完済をすぐにできる利点もありますが、金利が高くなる傾向にあることは注意が必要です。(参考ページはこちら→お得な金利で返済をしていきたい方へ

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.