親のカードローン子どもが肩代わりする方法

キャッシングベスト3

親のカードローン、子どもが肩代わりで返済する方法を探してます

母から突然、カードローンで借金をしたことを告白されました。年金暮らしで返済がつらい、なんとかしてほしい…と泣きつかれたのですが、私自身、生活に余裕があるわけではなく、正直困っています。

親の借金って、子どもが肩代わりして返済するべきなんでしょうか?もしそうなら、どういう方法があるか教えてほしいです。

法律上は、親の借金を子どもが肩代わりする義務はありません

親が作った借金は親が返せなくなったら子どもが肩代わりしてでも返すべき…って思ってる人ってけっこう多いんだけど、実際には民法上にそんな決まりは1つもないんだ。もし保証人とか、連帯保証人になってたらそれはまた話が変わってくるわけだけど。少なくともただ血縁関係があるというだけでは親の借金を肩代わりする義務は生じない。

でもお母さんが困ってたら、見捨てられないのは普通の子どもとして当たり前のことだよね。借金を肩代わりするって言っても、お母さんの名義で一度契約したカードローンをキミの名義に変更するっていうのはちょっと厳しい。したがって、お母さんに対して金銭的に援助をする、あるいはお母さんの口座に毎月カードローン返済分のお金を振り込む、そんな方法が現実的だろうね。

あとは、もしも万が一だけど、そのカードローンを完済しないままお母さんが亡くなってしまうようなことがあったら、ちょっと問題だ。っていうのは、借金って遺産になるんだよね。つまり、現金や不動産なんかと同じように相続されることになる。そうなると今度は法律的に親の借金を子どもが肩代わりして返済しなければならない状況ができてしまうわけ。

もしそれを避けたいなら、相続放棄という形をとるしかないんだけど、それをすると現金も借金もひっくるめてすべての財産を放棄するということになってしまうから、なかなか微妙なところだね。それに相続放棄という仕組み自体、期限が決まってたりして何かと面倒なんだ。縁起でもない話だけど、あり得ないことじゃないから頭の片隅には置いておいてほしい。

あとはどうしてもお母さんにはカードローンの返済が続けられそうもない、キミも経済的に肩代わりすることが難しいっていうのであれば、債務整理を考えてみてもいいかもしれない。自己破産だけじゃなくて、任意整理から個人再生までいろいろ方法があるから、一度専門家に相談してみてはどうだろうか?

親兄弟のローンを肩代わりする時に注意すべき2つのこと

親や子供、兄弟が多額の借金を抱え、借金の一部、または全額肩代わりを迫られることがあります。本人から援助を頼まれることがあれば、本人の死後、遺産整理で借金が発覚したなどの場合です。その時に、注意したいことが2点ほどあります。

1、借入者本人が存命の場合
これは言うまでもなく、なるべく本人に返済させましょう。どうしてもと泣き付かれて、仕方なく肩代わりすると、本人は借金がチャラになったと錯覚し、新たな借金をしてしまう恐れがあります。親族間でも、肩代わりする時は契約書を作成し、肩代わりしてくれた人へ返済させるようにしましょう。また、返済能力があるうちに肩代わりしてしまうと、贈与税が掛かってくることがあります。生活費の援助ほどなら問題ありませんが、根本的な解決にはならないので、経済支援より生活スタイルやお金の使い方を本人と考え直すようにしましょう。

2、借入者本人が死亡した場合
直属の親族(親兄弟)が死亡すると、遺産相続が発生します。ここで早急に借金を調べておかないと、借金まで相続してしまい、強制的に肩代わりすることになってしまいます。例えば、遺産が1000万円あったが、借金が1100万円あった場合、100万円を相続人が返済しなくてはならなくなります。プラスの遺産よりマイナスの遺産が大きい時は、相続放棄でこれを回避することができます。この相続放棄は、借金がある人(被相続人)が死亡したことを知った時点、または自分が相続人になると知った時点から3ヶ月以内にしなくてはなりません。また、プラスの遺産の中に家など特定のものを相続したい時は、限定承認という手続きもできます。その場合、家なら住宅ローンの残高など、プラスの遺産に掛かる分の負債も相続することになりますが、その他の借金は相続されないので、相続人の負担が軽減します。

このように、借入者本人が生きているか亡くなっているかにより、対処法がガラリと違ってきます。ですが共通して言えるのは、安易に手を差し伸べない、流されるままにしない、ということです。親族が亡くなると、悲しみに暮れてしまいますが、その間にも相続問題の期限は刻々と迫ってくるのです。本人が生きているうちに借金を整理しておけば、本人と肩代わりする側、両方の負担が減ります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.