審査の通りやすいキャッシング教えて

審査の通りやすいキャッシングってどういうところでしょうか。審査が通りやすいっていうことは多重債務とかでも利用出来ちゃったりするんですよね?

そんなキャッシングは便利ですけど実際安心なんでしょうか?(参考ページはこちら→安心なキャッシングの定義

審査の通りやすいキャッシング=必ず通る!ではない

審査の通りやすいキャッシングというのはあります。これは審査が厳しいキャッシングと比較すると通りやすい傾向にある、というものですね。通りやすいから誰でもOKなのかというとちょっと違うんです。通りやすいと言われているのは、他のキャッシングが審査に通らなくて利用できなかったけどここは審査に通った、ということが比較的多いというものです。

審査が厳しいと他社借り入れがあるだけでNGだったりしますからね。年収が少し低いけどこの金額なら融資できるかな、とお金を貸してくれるところですね。利用者を獲得するために審査のハードルを少し低くするという事をしているんですね。どうしても大手のキャッシングを希望する人は多いですから、審査ハードルを下げることで住み分けを行っていると言えます。

ただし、審査が通りやすいと言っても誰でもOKっていう事にはなりません。あまりにも信用情報に問題がある場合は審査に落ちてしまいます。多重債務でもあまりにも件数が多い、金額が大きいという時は審査に通るのは難しいですし、ブラックで融資を受けるというのはあまりにも厳しいんです。自己破産をしている、延滞して返済に問題があるという相手にお金を貸すというハイリスクな行為を喜んで行うキャッシング先は無いのです。審査が通りやすいと言っても、必ずキャッシングできるという事にはならないのです。

【参考ページ】
緩い金融業者の特徴

審査の通りやすいキャッシング業者とはどこになるのか

キャッシングを行うには消費者金融や銀行などがありますが、普通であれば消費者金融の方が審査が甘く、銀行は審査が厳しいと考えますが、実はこれは間違いなのです。
(⇒融資審査の正確な基準とは?

むしろ審査の通りやすいキャッシングとは銀行系のキャッシングになります。これはどのようなことかと言いますと、銀行は本来お金を貸すことが仕事ではありませんので、お金を貸すことに関しての知識は素人となります。
(⇒実は銀行からでも簡単にお金を借りられる?

そこで銀行ではお金を貸すプロ、いわゆる消費者金融を保証会社として付けることで、キャッシングを行っているのです。ですので銀行で行われている審査は消費者金融で使われているものを、そのまま採用している場合があります。

それだけなら消費者金融と銀行系では審査の厳しさは変わりませんが、ここに総量規制という法律が関わってくるのです。総量規制とは借り入れる方の年収の3分の1以上の金額を業者が貸すことを禁じたものになります。

しかしこの法律が適応されるのは消費者金融のみとなります。ですので銀行系ではこの法律は適応されないのです。もともと消費者金融と同じ審査基準を設けている銀行で、総量規制の対象外となることは、消費者金融よりも審査の通りやすいキャッシングと言えるでしょう。

実際、三菱東京UFJ銀行の社員の方は銀行のキャッシングについて「銀行は消費者金融では借り入れることのできなかった方の受け皿になることです」と語っています。

アコムが保証会社として付いている三菱UFJフィナンシャルグループやプロミスが保証会社として付いている三井住友銀行グループなどは、比較的審査の通りやすいキャッシングとなっています。

とはいえキャッシングをする際には、働いていることが大前提となり、そこから収入が長期間見込めるかや、勤務先の情報、住居形態、同居人、電話の有無などを確認して、返済能力があると判断されなくてはなりません。

利用したい場合には、しっかりと返すまでの計画を立ててから借り入れるようにしてください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.