自己破産者がキャッシングの審査を通る方法は

自己破産3年目ですが、訳あって、どうしても融資が受けたいのです。自己破産者がキャッシングの審査を通る方法はあるのですか?ヤミ金業者以外でお願いします。尚、登録された信用情報機関がどこかは分かりません。
(⇒闇金は借りたとしてもどうしようもない?

確実な方法は存在しません

御存知の通り、任意整理や自己破産をした後は数年間、新たに融資を受ける事ができなくなります。まず信用情報機関への事故情報(ブラックリストとも言います)の登録期間ですが、個人信用情報機関は複数存在します。同じ自己破産でも、全国銀行個人信用情報センターと日本信用情報機構は10年。CICは5年。どちらにしても、3年目ならば、新たに融資を受けることは難しいと言わざるを得ません。(参考ページはこちら→融資審査はそうした部分もしっかりと見ています

それでも融資を受けたい場合、ヤミ金業者しか選択肢は無いように思えますが、稀に自己破産の直後や任意整理の最中でも融資を承ってくれる消費者金融があります。いわゆる「街金」と呼ばれる消費者金融で、CMでよく名を聞く大手とは知名度が大きく異なります。悪質な所も紛れていますが、少なくともヤミ金業者を利用するよりは安全です。しっかりとした返済のプランが立っているのならば、こちらを探してみては如何でしょうか。

しかし、ブラックリストの掲載期間は自己破産者に反省を促す期間でもあります。やはり大人しく掲載期間の終了を待つか、どうしても立ち行かないのなら、親族や友人を頼った方が懸命な判断と言えるでしょう。

キャッシング審査。破産者に融資する業者はあるか?

普通に生活している人であれば、年に数回は急なお金の出費が生じます。生じない人は、普通ではなく、特別な人です。普通は、あるのです。その様な時には、キャッシングを契約しておくと、とても便利です。キャッシングのカード一枚あれば、いつでもお金を借りられることができます。もちろん限度額もありますので、無限に融資を受けられるわけではありませんが、一般の人が必要とする急な出費のレベルであれば、問題なく借りることができるでしょう。

ただし、キャッシングを契約するには、審査があります。借金の一種なわけですから、返済能力を審査しなければなりません。まず最初は仮審査です。ここでは、本人が申告した年収や勤務先、家族構成などの属性を見て、融資可能かどうかを判定します。問題なければ本審査に入ります。ここでは、本人の信用力に関する確認がなされます。第三者機関に問い合わせを行い、その人か過去に大きな金融事故を起こしていないかどうかを確認するのです。ここでブラックという判定を受けると、融資は非常に厳しくなります。
(⇒融資審査で勤務先は特に重要?

ブラックとは、債務整理を行った人で、なおかつ整理終了後5年以内の人のことを指します。債務整理とは、具体的に、任意整理、民事再生、自己破産のいずれかを指します。要するに、借金を全額返すことができなくなって、弁護士や司法書士の力を借りて、借金を減免してもらうことです。債務整理の中では、破産が最も重いものとなります。借金を完全に帳消しにしてもらうことだからです。破産者については、キャッシングの審査もかなり厳しいものになるでしょう。

しかし、完全に諦めないでください。また、どうしても必要だからと言って、闇金などに手を出さないようにしてください。破産者とは、結局、無借金になった人のことを言うわけですから、現在働いているとすれば、その収入はすべて自分の収入になるわけです。誰にも返さなくてよいです。ある意味、とても健全な状態なのです。

ということは、現在の収入の状況によっては、融資を行ってくれるところがある可能性もあります。中小の消費者金融を訪ねてみましょう。中小であれば、過去よりも、現在や未来を重視して融資してくれるところがあります。どうしても必要であれば、諦めずに探してみて下さい。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.