キャッシングサービスの限度額増額に、リスクはありますか

キャッシングサービスの限度額を増額しようと考えています。利用しているのは三菱東京UFJ銀行のバンクイックで、既に銀行側が審査を行ってしまった為、後は増額の申請をするのみです。そこで1つお聞きしたいのですが、キャッシングサービスの限度額増額に、リスクはありますか?限度額増額は2回目なのですが、今回は20万円から40万円と大幅にアップするため、少し気後れしているのです。

限度額増額に伴い、誘惑も多くなります

三菱東京UFJ銀行バンクイックの限度額増額は、段階制をとっており、10万円から20万円、20万円から40万円と、順々にしか増額できない仕組みになっています。加えて「半年間から1年間、返済を遅延していない」という条件も課せられますので、そこまで規律正しく利用できているのであれば大丈夫かと思うのですが、念の為、増額のリスクを説明しておきましょう。

当然ですが、限度額増額に伴い、誘惑も多くなります。今まで買えなかった物にも手が届くようになりますし、大して欲しくない物まで欲しくなったりもします。また、バンクイックは銀行系のカードローン。総量規制(年収の1/3以上の融資を禁ずる決まり)の対象外となりますので、まだまだ限度額の伸び代があります。今後もバンクイックを利用し続ける限り、限度額はどんどん増えていくでしょう。

とりあえず限度額を増額して暫くは、カードを持ち歩くのを控えたり、利用する前に一旦気持ちを落ち着けて、本当に融資が必要なのか、本当にいま必要な物なのかを、じっくり見極めるようにしましょう。限度額は増えるということは、それだけ便利になるという事でもあるのですから。
(⇒融資利用で何か不安に思う事があればこちら

【参考ページ】
キャッシング増額の基本

キャッシング限度額の増額によるリスクの解説

キャッシングは契約時の利用限度額が低く設定されています。そのため、利用実績を積み重ねて増額の申請を繰り返すことで少しずつ利用限度額を高くすることができます。しかし、これにはリスクも存在するため注意が必要です。

まず、限度額増額の申請を行っても必ず通るわけではなく、再審査が行われます。ここでそれまでの利用実績や属性などに問題がなければ審査に通ります。しかし、審査に落ちた場合には利用限度額が引き下げられたり、一定期間融資が受けられなくなることがあるなどのリスクが存在します。

審査に落ちる理由として、返済の遅延を起こしていた場合は当然ですが、これ以外にも収入が減っていたり、転職したばかりで収入が安定しているとは認められない、短期間の引っ越しを繰り返し、固定電話の契約をしていないので借り入れ後にそのまま逃げる可能性が疑われるなどがあります。
(⇒融資の審査落ち理由はたくさんあるので注意!

そのため、これらに該当している場合はすぐに申し込まずに、カード会社から増額可能の通知が来るのを待ってから申し込むのが安全です。また、急ぎの場合では、このリスクを回避するため、別の業者と契約を行うことで借り入れ可能な総額を増やすことも多いです。

限度額が増えれば、その分盗難にあって不正利用された場合の被害も大きくなります。中には不正利用の保証が十分にされないような業者もあります。そのため、不正利用されないようにカードをしっかりと管理し、置き忘れたりしないようにします。

また、カード会社から返済能力が十分と認められて増額ができた場合でも、実際に問題なく返済できるかは利用者次第です。限度額が高くなったからと不用意に借り過ぎた場合、利息もその分増えるため返済に行き詰ってしまうリスクもあります。利息の増加も考慮して無理なく返済できる範囲で利用するようにこころがけます。

このように、キャッシングの限度額増額には申し込み時と審査に通った後の両方にリスクが存在します。これらを十分に理解した上で利用するようにします。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.