収入200万円以下でキャッシングってできるの?

私は今フリーターをやっていますが、バイトなどで定期的な収入は有るので、月間で16~7万円くらいは有ります。でも時々、友達の結婚式とか急な出費が有る時にはお金に困る時が有るので、キャッシングカードを一つ作っておきたいなと考えています。金額も5~10万円くらいで良いかと考えているんですが、フリーターで年収が200万円以下でもキャッシング契約ってできるものなんでしょうか?できそうなキャッシング会社があればそれも教えて頂きたいです。

年収200万円以下でもキャッシングはできます

アルバイト・パートや主婦でもキャッシング契約出来る所は大手キャッシング会社でも増えていますので年収が200万円以下でも契約出来る所は有りますよ。対象としてはアルバイト・パート・主婦・年金受給者まで広げていますので、定期的な収入のある方であれば可能性は有ると言って過言ではないでしょう。ただしあくまで定期的な収入が有るという事ですので、そういう点で言えば、収入が多少高くても短期バイトを繋ぎでやっていたりしている人の方が通りにくいです。審査基準としての重要項目の中に収入と職業という項目が有るのですが、仕事が長期継続的な物かどうかという事が重要な分かれ目になるようですね。

この長期継続的という内容を審査時に証明できるものとしては現在の勤務先にどのくらい務めているか、という事になりますのでポイントとしては現在している仕事がどのくらいの期間しているかという事ですね。それが短期で有ったり、始めてからまだそんなに期間が経っていないという事になりますと、審査では厳しい判断をされそうですね。また現在の住居が実家か、一人暮らしかという事にもよって変わってきます。やはり実家の方が身分証明がしやすいですし信用度が高くなりますので借りやすくなりますね。

結論を言いますと、年収200万円でもキャッシング契約は可能です。可能ですが審査で通るかどうかはまた別問題ですの、その審査を通る為には、まず現在の仕事の期間、住居が条件的に良いかどうか確認をしてみる事ですね。キャッシング会社はたくさん有りますので通す事を重視するのでしたら、大手で無く、中小の地方企業の方が通りやすいかもしれません。有る程度条件に自信が有るのであれば、金利の低い銀行系などに挑戦してみても良いかもしれません。
(⇒銀行の方がメリットが大きい?

収入200万円以下でもキャッシング可能なのか

アルバイトやパートだと収入200万円以下の場合があります。その場合でもキャッシングは可能です。銀行も貸金業者も継続的かつ安定的な収入が有れば貸しますので、収入が少なくても融資を受けることが出来ます。ただ収入が少ない場合はその分借りられる金額も少なくなってきます。
(⇒意外と借りられる人も多いカードローン審査

それでどれだけ借りられるかといえば、貸金業者だと総量規制で個人への貸出総額が他社との合計で年収の3分の1を超えてはならないとなっているので、200万円以下の場合は3分の1ですから、66万円以下となります。銀行は総量規制の対象外だからもっと借りることが出来ます。

ただ銀行の場合は毎月の返済能力で決まるから、借りられる額にも制限があるし、借入件数が多くなるとさらに借入可能額が減ります。借入件数が多くなると毎月の返済額が増えますから、それで借入額が1社の場合よりも減ることになります。
(⇒やっぱり借りるなら銀行の方がおすすめ?

それで普通は最低貸出額が1社当たり30万円ですから、収入200万円以下の場合は貸金業者なら2社の60万円までで、銀行なら3社の90万円が限度です。ただ貸金業者の中には、1万円単位で貸すとこも有りまして、その業者をも利用すれば66万円いっぱいまでは、借りることが可能になります。

逆に最低収入は最低貸出額が30万円ですから、貸金業者は総量規制の条件からいって年収90万円までで、総量規制の対象外の銀行は継続的かつ安定的な収入の条件を満たす収入として年収60万円が限度です。1万円単位で貸す貸金業者も継続的かつ安定的な収入ですから、年収60万円は必要になってきます。

収入200万円以下でもキャッシング可能ですが、収入が少ない分借入限度額が少なくなります。それで必然的に借入先も少なくなります。そして収入が少ない分属性によっては借りられる額も少なくなってきますし、審査が通らない場合があります。だから収入が少なければ、審査に通らない場合が有るから、必ずキャッシング出来るとは限りません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.