飲食店の開業資金、カードローンってアリ?

キャッシングベスト3

飲食店の開業資金、銀行の融資ではなくカードローンってあり?

35歳にして脱サラして長年の夢だった飲食店を開業することを決意しました。でも問題は開業資金。少ないながら退職金もあるし、お店の規模も小さいものを考えているので、正直銀行の融資というのも大げさかな…と。

それで考えたのが、民間のカードローンとかで開業資金を賄えないかということなんですけど、普通カードローンって事業には使えないですよね?ビジネス目的で使えるカードローンってあるんでしょうか?

消費者金融などでも事業資金向けカードローンはあります

事業資金目的で使える、いわゆるビジネスカードローンっていうのは民間の消費者金融とか、それから実は銀行でもあったりするんだ。銀行から事業のために融資を受けるとなると、確かにけっこう大変だからね。審査は細かくて面接なんかもあったりして面倒だし、それに融資の決裁が下りるまでもそこそこ時間がかかる。

その点、ビジネスカードローンはあくまでカードローンとして取り扱われるからね。普通の個人向けのカードローンと同じように、ネットで申込みができたり、比較的スピーディに融資が受けられたりするし、保証人とか担保とかも基本的には不要だよ。

それと借入限度額の枠内であれば繰り返し借りて、返して…ができるっていうのも嬉しいところかな。事業をやっていてお金が必要になるのは、開業の時だけじゃないもんね。そういう時、きちんと返済して借入限度額の空きを作っておけばすぐに現金が手に入るっていうのは頼もしい。これもカードローンならではのメリットと言えるだろう。

こうやって書くとビジネスカードローンって万能!素晴らしい!って思うかもしれないけど、一応デメリットもないわけじゃない。やっぱり金利を考えると、銀行から融資を受けるよりも高くなってしまうのは間違いないね。あと、借入限度額の上限もそこまで高くないから、もしかしたら事業が大きくなっていくと足りなくなってしまうこともあるかもしれない。

とはいえ小さな飲食店の開業資金補助というキミの目的であれば、ビジネスカードローンと言う選択は悪くないと思うな。意外といろんな業者が取り扱ってるから、きちんと調べてみることをおすすめするよ。

飲食店の開業資金は、ここで融資を受けよう

飲食店を開業するにあたり、規模や店舗形態にもよりますが、数百万円から数千万円の資金が必要になりますよね。思いつく借入先は、銀行ですが、銀行は融資にとても慎重で、詳細な事業計画や将来性を吟味します。そこで審査に通れば問題はないのですが、新規参入の店舗だと、なかなか融資されないという場合もあります。

でもご安心を。事業者向けの融資をしてくれるところがちゃんとあるのです。1つは、日本政策金融公庫。もう1つは、事業者向けのキャッシングローンです。

日本政策金融公庫は、大型資金を低金利かつ長期返済によって融資してくれる国の機関です。様々な形態の事業資金や経営資金を融資し、個人事業主や中小企業を支えています。もちろん、飲食店もその中に含まれています。全てを借入する必要がある人は、日本政策金融公庫で借りた方がいいでしょう。

事業者向けのキャッシングローンは、通常のキャッシングとほぼ変わりません。違うのは、通常のキャッシングの用途が事業資金を除くものが多いのに対し、用途に事業資金も含まれる、または事業資金に限定されることです。しかし、日本政策金融公庫に比べると金利がどうしても気になりますし、融資額も数百万円までと全てを賄うほどには借りられません。なので、こちらは自己資金の不足分を補う形で借りるのがよいでしょう。一番のメリットは、すぐに借りられることです。銀行や公庫は慎重な審査を行いますので、借入までに時間がかかることがあります。すぐに用立てたいという時には便利ですね。

どちらも上手に使うことで、開業資金を十分に確保することができます。あとは、経営を安定させ、返済していく努力が必要ですね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.