主婦でもキャッシングに規制ってかかるの

現在、消費者金融より融資を受けています。私は専業主婦なのですが、いきなりキャッシングが利用できなくなってしまいました。消費者金融に電話をかけたところ、総量規制という仕組みがあり、それによってこれ以上の利用ができないそうです。専業主婦でもキャッシングに規制ってかかるものなのですか?(参考ページはこちら→規制が発生するまでの仕組みについて

専業主婦の方も、総量規制の対象となります

専業主婦の方であれば、審査の際に旦那様の年収を申告した筈です。総量規制とは、年収の1/3以上の融資を禁じる仕組みで、例えば旦那様の年収が300万円の場合、融資を受けられるのは100万円までとなります。また、消費者金融によっては、専業主婦の方が受けられる融資に制限を課している場合もありますので(例:配偶者の年収に関わらず、専業主婦は50万円まで、等)、この限りではありません。
(⇒仕事をしていなくとも融資を受ける方法はあるの?

規制を解除するには、とにかく返済をして下さい。一万円単位での借り入れが可能な消費者金融なら、一万円。千円単位での借り入れが可能な消費者金融なら、千円。空きができ次第、利用可能になると思います。しかし、空きができたからといって、すぐ融資を受けるようでは、計画的とは到底言えません。(参考ページはこちら→計画的な融資ってどんなの?

今のままのペースでは、何れまた総量規制に引っ掛かってしまいます。ここは一旦冷却期間を置き、何が本当に必要なのかを今一度考え直してみるのもよいでしょう。堅実な金銭感覚が身に付けられるよう、頑張って下さい!

専業主婦は総量規制があるのでキャッシングできないって本当?

主婦の方は、何かと急な出費が多くて大変です。急な冠婚葬祭や、子供の参考書代や、ママ友との食事会など、どれだけ家計をやりくりしていても赤字になってしまうこともあります。定期預金はあるけど、いざという時のために解約はしたくないし、主人の給料が入るまで、今月はなんとかしのぎたいと考えている人にピッタリなのが、金融機関などでのキャッシングです。

キャッシングのカードが一枚あれば、子供が学校に行く前に、コンビニのATMでキャッシングできるので、利用している主婦の人もとても多いです。主婦だとキャッシングの申し込みができるか心配な人もいるでしょうが、パートやアルバイトで安定した収入があれば申し込めます。(参考ページはこちら→仕事の内容がどうであれ融資は可能?

最近では総量規制が導入された関係で、消費者金融などでは年収の3分の1までしか借りられないので気をつけてください。専業主婦の人は、消費者金融では借りられない所が多いですが、夫の同意書や収入証明書を提出すれば、借りられる場合もあります。

銀行のキャッシングに関しては、総量規制は導入していないので、専業主婦でも利用できます。最近では、スタッフがすべて女性という消費者金融もあります。男性のスタッフだとどうしても怖くて、申し込みにくいという女性は安心して申し込めます。

金融機関に申し込む時は、本人確認証が必要で、運転免許証や健康保険証、パスポートなどを提出させられます。外国籍の人は、在留カードや特別永住者証明書が必要になります。もしも現在住んでいる住所と、運転免許証などの住所が違っている場合は、住民票の写しや、社会保険料の領収書などを用意しておく必要があります。

借入額が50万円以上の場合や、希望借入額と他社の借入残高が100万円を超える場合は、源泉徴収票や確定申告書などの提出が必要となります。過去3カ月以内に審査に落ちている人は、すぐに他社に申し込むと、いろんな所で審査に落ちて、お金に困っている人と思われるので、3カ月以上たってから申し込むようにするといいです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.