株式会社プライムキャッシングを利用したい

キャッシングベスト3

株式会社プライムキャッシングを利用しようか考えています

高校を中退してアルバイトを転々としています。生活が苦しくて、とうとう水商売の世界に入ってしまいました。水商売は収入がいいイメージがありますが、1日に働く時間が短い割には、衣装代や美容代ででていくお金も多く、なかなか貯蓄はできません。働いても生活が厳しくて、仕方なくキャッシングをすることにしました。

最初のうちはスムーズに貸してくれていましたが、返済が何度か遅れるうちに融資額をゼロにされてしまい、貸してもらえなくなってしまいました。返済するあてもなく、お金が必要になったため、いろんなところでキャッシングの申し込みをしたのですが、あえなく全滅でした。信用されていないのはわかっていますが、どうしてもお金が必要なんです。プライムというところだと、審査にものすごく緩く、どんな人でも貸してくれると聞きました。それが本当であれば、プライムでのキャッシングを利用しようと思っています。
(⇒融資限度額が0になる事はあるの?

現在プライムは存在していません。きちんと調べてみましょう

プライムという会社は、「プライムファイナンス」のことだと思いますが、この会社は次々と社名が変更になっています。「プライムファイナンス株式会社」の次は「株式会社プラットフォーム」、そして現在は「株式会社SLC」という社名になっています。

現在プライムファイナンスは存在していないので、残念ながらキャッシングはできませんよね。存在していないので、どういう会社だったのかは不明ですが、ちょっと評判があまりよくないようです。あくまでもネットでの口コミの話しなので、事実かどうかは定かですが・・。
(⇒融資選びでは口コミと評判も大事

「プライムファイナンス株式会社」「株式会社プラットフォーム」「株式会社SLC」のどれも、過払い請求の対象となっているようです。過払い請求をされているということは、法律で定められた以上の利息をとっていたのかもしれませんね。

利息には、「出資法」と「利息制限法」という2つの考え方があります。「出資法」とは、融資の金額にかかわらず利息は29.2%までと法律で定められています。これを超える利息を徴収した場合は、刑事責任に問われることとなります。刑事責任を問われるだけではなく、契約そのものが無効となってしまいます。金利どころか元本すら返済する責任がなくなるわけです。ここまでの危険を冒してまで、29.2%を超える金利で融資するのかどうかは甚だ疑問ではありますけどね。
(⇒今現在の融資金利について

もうひとつの「利息制限法」とは、金額によって利息の上限が定められています。10万円未満・10万円~100万円未満・100万円以上の3つにわけられており、利息が15%~20%となっています。この上限金利を超えると、民事で違法なものとして処罰されます。

利息制限法で定められた15%~20%を超えて、出資法で定められた29.2%以下の間が、いわゆる「グレーゾーン」と呼ばれるものです。闇金業者は、このグレーゾーンをうまく利用して融資をすすめてきます。利息制限法の利息を超えたものに関しては、民事では違法なものとして処罰できますが、出資法の利息制限を超えていないので、刑事責任には問えないわけですよね。なんだかもどかしいですが、今の法律はこんな風になっています。

元プライムファイナンスがどういう方針でキャッシングをしていたのかは不明ですが、このあたりのことをしっかり認識して、金融機関を決めるようにしてください。「審査なく誰でも借りられる」というのは、親切のようであって、実は裏があるということをしっかり頭に刻んでおいてくださいね。

株式会社プライムキャッシングの口コミ評判は良好です

世には多くのキャッシングサービスの会社があります。どこを選択すればいいのか迷うことも多いでしょう。その会社独自の特徴をしっかり見極めて、自分の希望に合いそうな金融会社を選択するのが最も賢明な選択のやり方です。

いま、注目を集めているのは、株式会社プライムキャッシングです。株式会社プライムキャッシングの人気の要因は、まずは審査の速さです。お金を借りたいと願っている人にとって、申し込んだ結果がなかなか出てこないというのでは、次のアクションの起こしようがありません。その点、即日振り込みのキャッシングをしてくれる株式会社プライムキャッシングは、高い信頼と好感をかちえているのです。(参考ページはこちら→即日融資はやはり頼りになります

また、同社のもう一つの大きな特徴として、他社借り入れ件数には甘い、というところがあります。現実的に、消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠などから、すでに4件以上の借り入れがある人であれば、おそらく、テレビCMでよく流れている大手会社からお金を借りることは、無理だと判断するのが一般的です。

消費者金融やキャッシングなど、名称こそ異なっていますが、要は、お金を貸すというサービスです。ディテールは違っていますが、客からすれば、お金を借りることには変わりはありません。金融の世界では、キャッシングもカードローンもすべて同じ借金として扱われ、また、顧客情報も共有していますので、借り入れの申し込みをした人が、どこからいくらの借金があるのかは、大手の会社ならすぐに把握することができます。ですから、他社借入がある人の審査について、一般的に、金融会社は非常に神経を尖らせるのです。(参考ページはこちら→融資審査では他社借り入れ状況も重要です

その点、株式会社プライムキャッシングでは、他社からの借り入れ実績を四角四面にとらえるのではなく、柔軟に受け止めてくれるのです。さらに、株式会社プライムキャッシングのスタッフの対応の良さも、顧客からは好評です。プライムキャッシングは丁重な顧客対応でもって知られています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.