年金と少しの収入で70歳以上のキャッシングはできますか?

70歳を過ぎています。年金と少しの収入があります。キャッシングはできるでしょうか。若い頃は、年を取って、キャッシングでお金を借りるなんて想像もしていませんでした。それが、どうなんでしょう。時代が進んだというか、世の中が変わったのでしょうか。昔の年寄りはしなかったようなことを、今の年寄りはしているような気がします。幸い、重い病気はしていません。身体が動いて都合がついて、その上お金が揃えば、少し元気なことをしてみたい気がします。

70歳以上のキャッシングは高齢社会では当たり前かも

高齢者のキャッシングの現状はどうなっているのでしょうか。働き盛りの利用者が多くて、高齢者はあまり利用していないのが実情のようです。日本人の寿命は延びています。それなのに、利用者が増えていません。原因の1つは、貸す側と借りる側の意識にあるのでしょう。高齢者では、貸しても返してもらえないから、貸さない。高齢者だから、借りても返せないから借りない。双方の理屈があるかもしれません。
(⇒こんな時、金融業者はどこを見ている?

2つ目の原因は、利用者の収入状況です。多くのキャッシングの会社では、65歳から70歳に年齢制限を設けているようです。退職して収入があまり見込めないため、貸出に積極的ではありません。それでも、70歳以上の高齢者でも、収入の見込みがあれば、貸付が行われているようです。年金生活者、安定収入のある人なら、貸付は行われているようです。ただし、貸付額は、ある程度制限されるでしょう。
(⇒制限だけでなく審査に落ちやすいのにも注意

70歳以上とは、どんな年齢でしょうか。一般的に65歳で定年退職します。その後、再就職して働いている人もいます。今、病院に行くと、待合室は高齢者でいっぱいです。医学が進歩して、医療技術も高度になり、薬品もより効果的になりました。昔は諦めていた病気も、今は治せるようになりました。このような環境では、高齢者の中にも元気な人が出てきます。元気になって活動しようとすれば、時には余計な資金も必要です。そこで、キャッシングの需要も生まれます。

利用者によって、条件は色々です。何か、返済能力につながるものを持っている人は、いくつかの会社に、電話でも使って、尋ねてみることも必要です。うまくすれば、70歳以上でも貸し付けてくれる所が見つかるかもしれません。生きていればいくつになっても、お金はかかります。基本的には、キャッシングの会社は、利子を付けてきちんと返してくれれば、その利用者を歓迎します。

70歳以上のキャッシングは可能なのかというと

台風の時期になると、床下浸水する家や、屋根瓦が飛ばされる家が出るため、場合によっては住めない状態になるので、急いで修理しなければなりません。しかし50万円や100万円ものお金を即金で修理業者に手渡すことは出来ない方がほとんどでしょう。ですがそのままにしておくわけにはいかないので、そんなピンチに合った場合は、お近くローン会社でキャッシングすることをおすすめします。キャッシングの良いところは3万円や5万円といった少額から、最高300万円や500万円もの融資を受けられることなので、いざというときにこれほど頼りになるところはありません。

キャッシングは20歳以上の社会人で、安定した収入のある方なら誰でも利用出来ますが、大抵65歳や70歳までとなっている会社が多いので、それ以上の年齢の方の場合は、利用出来ないと諦めている方もあるかも知れませんね。しかし最近は70歳以上の方でも健康に問題なく、若い方と同じように働いていることが多いですし、アパートやマンション等の家賃収入を得ているような人もいます。

ゆえにそのように安定した収入がある場合は、70歳以上のキャッシングも可能となっているローン会社が多いので、試しに電話やメールで問い合わせてみてください。大手の有名企業であれば、それぞれのケースに応じて、柔軟に対応してくれるので、定年退職している年金受給者であっても、一般の方を同じように、審査に合格出来ることがあります。70歳以上のキャッシングを利用し、ピンチを乗り切った人は大勢いるので、インターネットの口コミなどから探してみると良いでしょう。

70歳以上のキャッシングに必要なものは、運転免許証や健康保険証などのコピーになります。どちらもない場合は住民票やパスポートでもかまわないので、利用条件のページで確認してみてください。担保や保証人のようなものは一切必要ないので、土地や不動産を持っていなくても利用することが出来ます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.