会社経営者が作るキャッシングカードはどこがいいですか

中小の零細企業ですが、会社を運営しています。会社経営者が作るキャッシングカードはどこがいいですか?最近は業績や新規事業の低迷が続き、融資を受けなければ立ち行かない状況にまで追い込まれてしまいました。必要な金額が500万程度ですと、やはり銀行系のカードローンがベターなのかなと思いますが、手続きは当然早い方が良いです。どこか良いところはありませんか?(参考ページはこちら→もしも急ぎでお金を借りたいのなら

バンクイックとレイクをお勧めします

銀行系カードローンの安定感と、審査・融資のスピードを兼ね備えたところとなると、三菱東京UFJ銀行のバンクイックと、新生銀行のレイクが挙げられます。共に窓口や自動契約機からのお申し込みなら、1時間と掛からずに融資を受けることが可能となっており、対応のスピーディーさは銀行系カードローンの中でも突出しています。

但し経営者の融資となると、一般の方より当然多額になりますので、確定申告書等の収入を証明する書類が必要となります。また一般の方と同じく、パスポートや免許証、健康保険証といった、身分を証明できる書類も必要です。お申し込みに赴く前に、取り揃えておくとよいでしょう。

銀行系カードローンのメリットは、とにかく最低金利が消費者金融よりも低く、融資額が多額になればなるほど、お得に利用できるという点です。故に、一般の方よりも、個人事業主等の経営者向きという訳ですね。バンクイックとレイクは、中でも評判の高いカードです。是非ご活用下さい。
(⇒評判の良い金融業者はやっぱり安定して使えます

会社経営者が作るキャッシングカードについて

会社経営者が作るキャッシングカードはいくつかの種類がありますが、多くの場合は事業用と個人用に分けられる場合が多いようです。

事業用のキャッシングサービスは最近増えてきたサービスです。これまでの事業用に現金を貸し出すサービスは銀行の融資を中心にまとまったお金を一度に貸して、分割払いをしていくサービスでした。しかし、返済中に繰り上げ返済をする場合は全額返済が基本であり、また、返済完了時に契約が終了して更新されないことも多かったようです。しかし、事業用キャッシング・サービスは借入限度額を設定し、その中では自由に借り入れ額を設定することが出来ます。

また、返済についても、自由に繰り上げ返済が行えるので事業においても呼びの資金源として活用している企業が増えてきています。また、契約終了後も基本的に契約更新となることが多いので融資と違い、長く利用できる資金として注目されています。会社経営者が作るキャッシングカードで個人用に契約する場合には事業用とは違い、経費として利息を計上できませんが、これまで会社経営者はキャッシング・サービスを受けられない事も多かったため、サービス利用の門戸が広がったと話題です。
(⇒経営者だと融資を受けるのが難しかった?

門戸を広げられた理由の一つは収入のチェック方法の変化です。これまでのキャッシング・サービスは月収制のサラリーマン向けが多く、役員など、月給制ではないが年収ではきちんとあるという方は利用できない事が多かったのですが、年収による収入チェックが一般的になり、役員でも利用できるようになってきています。

また、職業のチェックもなくなり、役員はおろか、アルバイト、パート、年金生活者であってもキャッシング・サービスを利用できるようになってきており、年収が期待でき、借入状況も悪くなければほとんどすべての人が借りられるキャッシング・サービスが増えています。会社経営者が作るキャッシングカードも多くのローン会社がさまざまな特典とともにサービスをしているので利用をおすすめします。
(⇒本当にどんな仕事でもお金を借りられるの?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.