カードローンの疑問、年齢制限無しのキャッシングってある?

カードローンの条件を見ていると借り入れできる年齢はほとんど20歳~65歳までで、長くても70歳くらいまでだと思います。素朴な疑問ですが、年齢制限のないカードローンというのは存在するのでしょうか?

カードローンの疑問、年齢制限無しのキャッシングってある?

カードローンは返済能力の有無によってお金を貸す金額を決めています。お金を返すことができる見込みがない人にはお金を貸しません。なので、基本的には会社を定年退職して年金が始まる年くらいを上限に設定しているようですね。

だいたいのカードローンが条件の中に「安定した収入がある方」という項目が含まれており、安定した収入があれば65歳を過ぎていても要相談という形で借り入れることができるところもあるみたいですね。結局のところ、返済能力があるかないかが重要だということなんだと思います。

カードローンなどでは年金を担保にお金を借り入れることが法律で禁止されています。しかし、国が唯一年金を担保にお金を貸し付けることを認めている機関があります。独立行政法人福祉医療機構は、「年金担保貸付制度」と言って年金を担保にお金を借り入れることができる制度を行っています。国民年金、厚生年金、労災年金を受給されている方は利用することが可能です。

「年金担保貸付制度」は年金を受給されている方であれば年齢に関係なく利用が可能のようです。そなると、カードローンには年齢制限があり年齢制限のないカードローンというのはありませんが、お金を借りようと思えば年齢に関係なく借り入れができるということですね。

年齢制限無しキャッシングの意味とはどういう意味か?

キャッシングによりお金を消費者金融から借り入れることは生活の充実を計るものです。

お金を貸し出す金融機関側が、一番重視することとして収入と年齢でしょう。買い出しの対象となる人が収入があるかということと十分返済できる条件を満たしているかどうかということで、その条件として重要となる1つの条件として年齢があります。

収入が無く、返せる当てもない人にそもそも、お金を貸す金融業者はいないです。基本的に、消費者金融は年齢制限を設けて貸し出しをしているところが多いです。一般的に多いのが、満20歳から65歳という年齢制限を設けているところが多いです。消費者金融によっては70歳まで借り入れ(新規借り入れ審査)を行うことができるところもあり、20歳未満でも借り入れが可能という消費者金融があります。
(⇒消費者金融の審査って緩いの?

65歳を超えていても、それまでに消費者金融で申し込みがあり、返済がしっかりとされていれば、引き続き借り入れが可能なことはありますが、現在の収入状況をしっかりと貸し出した消費者金融に申し出て、相手が個人情報として把握することで、信用のある貸し出しが可能となるのです。20歳未満でも買い出しをしてくれる理由として、親の収入やアルバイトでの定期収入が担保となり、その情報も逐一報告する義務があります。いずれにしても扶養義務者か本人にしっかりとした収入があるかが重要となります。
(⇒仕事をしてさえいれば長いこと融資を受けられます

年齢制限無しキャッシングとは、以上の要件を満たした上でのことで、無条件ということではありません。しかも、近年非常に多いトラブルとして、貸出先にとって重要な情報である、利用者の環境変化における状況がしっかりと報告されていないことです。借入れた時は、婚姻状態にあっても、その後離婚をしたことや、親から離れて住所変更を行なった、配偶者の死去により給与取得収入や年金収入が変わったなどのことです。

これは個人個人の重要情報であるので必ず、消費者金融に速やかに報告することが借りた人の義務でしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.