専業主婦がキャッシング不可な理由って何ですか

旦那に内緒でキャッシングサービスを契約しようと考えているのですが、専業主婦は融資不可な消費者金融がほとんどでした。可能だったとしても、配偶者の収入が不可欠なようです。専業主婦がキャッシング不可な理由って何ですか?また、私はバイトなどをしていませんので、旦那に内緒で融資を受けることは難しいのでしょうか?教えて下さい。

専業主婦の方々を守るためのものです

消費者金融に限らず、銀行やカード会社にも言えることですが、基本的に収入の無い人間に融資をすることはありません。仮に融資が受けられたとしても、融資限度額や審査の合否は、配偶者の収入に依存します。また、注意して頂きたいのは、これらの制限は決して専業主婦という役割を蔑んだものでもなければ、不当な差別を目的としたものでもないという点です。

例えば休職や転職、事故、最悪の場合は死別など、家庭の収入を一手に担う旦那様に、いつ不意のトラブルが襲ってくるやもしれません。専業主婦の方々に対する制限は、そのようなトラブルに見舞われた場合を考慮してのもの。つまり、専業主婦の方々を守るためでもあるのです。

訳あって、どうしても融資を受けたいのなら、何かバイトを始めるか、思い切って旦那様にお話をするのが懸命な判断と言えるでしょう。融資を受けること自体が、悪いことであるはずはないのですから。くれぐれも、ヤミ金業者にだけは手を出さないように気を付けて下さい。

専業主婦キャッシング不可理由はどのような事なの?

家計を預かる主婦にとってキャッシングは、困った時に頼りになる友達のような存在といえます。しかしその利用には条件もあり、特に専業主婦の方にとっては不利になることもあります。

それでは専業主婦キャッシング不可理由とは、一体どのような事でしょうか?最大の理由は、収入がないという点にあります。
(⇒収入が無い立場では融資も厳しい

以前は専業主婦でも一般のサラリーマンと同じようにキャッシングを利用できましたが、現在では総量規制の関係でそれができないのです。(参考ページはこちら→総量規制によって変わってしまった融資のルール

しかしこの制度に該当しないものとして、配偶者貸付があります。配偶者に収入があれば、その1/3の金額までを貸し付けてくれる制度です。しかしこのシステムは、銀行のカードローンで行われていることが多く、いわゆる消費者金融会社では適用されていないことがほとんどです。

さらに考えられる専業主婦キャッシング不可理由としては、過去に利用したキャッシングでの滞納があったという理由が考えられます。もう終了してしまったことでも、審査の際の調査によって判明することがあるからです。

そして今現在、他社からの借り入れがある場合も、専業主婦キャッシング不可理由として考えられます。お金を貸したとしても、返済が滞る可能性が否定できないからです。

それでは配偶者貸付を利用して専業主婦がキャッシングを利用する場合、家族や夫に分かってしまうのでしょうか?その心配は必要ないといえます。

配偶者である夫の収入証明書は必要となりますが、同意書は必要ないキャッシング会社もあります。さらに借り入れ前の打ち合わせにおいて、自宅へ郵便物が届かないよう申し出ることもできますし、連絡は自分の携帯電話のみとしておくこともできるからです。

毎月の利用明細もインターネットで確認することができますし、家族に内緒でキャッシングを利用することは可能なのです。

専業主婦キャッシング不可理由にはいろいろなものがありますが、システムをうまく利用すれば専業主婦でもキャッシングすることは可能です。いざという時助けてくれる、貴重な存在となってくれるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.