転職直後だけどキャッシングの増額したい

キャッシングベスト3

転職直後だけどキャッシングの枠を増額できますか

新卒で入った会社は、大企業で安定していたのですが、組織に縛り付けられて、自分のやりたいように仕事はさせてもらえませんでした。一種の大企業病とでも言うのでしょうか、仕事をしない人が多くいるのにビックリしたし、管理職も上にばかりへつらっていて、何だかだんだんやる気が失せてきたんですね。楽してそこそこのお給料がもらえるなら割り切るのもありかと思いましたが、やはりダメでした。

自分の可能性を信じて、5年勤めた会社を退職し、転職しました。次の会社は給料こそ安いのですが、自分のやりたいことができて満足しています。前の会社に在籍していたときに消費者金融でキャッシングを申し込んで、何度かお世話になったことがあります。転職後でお金が必要になることが多く、今までの限度額を上げてもらいたいのですが、転職直後で給料が下がりましたが、増額できるものでしょうか。

年収が下がったなら増額どころか減額される可能性大ですよ

転職してどの程度経ったのかにもよりますが、年収が下がったのであればちょっと難しいかもしれません。というのも、消費者金融でのキャッシングは、収入の1/3までしか借入れができないという決まりがあります。総量規制という法律で、貸金業者にのみ適用されることになっています。(参考ページはこちら→貸金業者におけるルール一覧

増額の依頼は、お願いするだけで上げてくれるわけではありません。最初にキャッシングを申し込んだときと同じような審査が待ち受けています。年収を証明するものや勤続先・勤続年数・個人を証明するものなどが再度必要となります。

現在のキャッシングの限度枠が、前職での年収の1/3になっていれば、増額どころか逆に減額されることになるかもしれませんよ。例えば、前職の年収が450万円だったとします。消費者金融では、年収の1/3まで借りられるので、最大限度額は150万円ですよね。そして、転職後の年収が300万円に下がったとします。今借りられる最大限度額も100万円に下がってしまうので、増額の申請をしたとしても、逆に下げられる可能性がある、ということになります。

ただ、最大の限度額とキャッシングで借りられる限度枠が同じとは限りません。むしろ、限度額より少ない場合が多いでしょう。今までは最大額が150万円だったとしても、限度枠はせいぜい50万円程度だったのではないでしょうか。50万円だったとしたら、今の最大限度額は100万円なので、もしかしたら増額してもらえるかもしれません。

ただし、収入の面だけをみて判断するなら、下げられるという可能性のほうが高いでしょうが、実際にはこれだけで判断しているわけではありません。再度審査があるわけですが、収入はもろちんのこと、今までの信用情報が重要になってきます。

今まで何度か消費者金融でキャッシングをしてきたとのことですが、返済状況を思い出してください。延滞せずにきちんと返済していたのであれば、信頼されていることになるので、増額の審査も通りやすいといえるでしょう。逆に、延滞が何度も続いたり、催促されるまで返済していなかった場合などは、信頼されているとはいえません。そのほか、他社でキャッシングの申し込みをしたりしていた場合も、よろしくないですね。年収の1/3という制限は、1社ではなく借入れしている金融機関を全部ひっくるめて1/3ということになるので注意してくださいね。

信用されている自信があればいけるかもしれません。増額の依頼をしてもいいと思いますよ。ただし、信頼されていないと思ったならやめたほうがいいでしょう。

転職直後でキャッシング増額をすることは可能なのか

キャッシングの申し込みで契約時に勤続年数を記入させられます。勤続年数が長ければ継続してその会社で働いているということで属性での評価が高くなります。逆に勤続年数が短ければいつ退職するかわからないということで、属性の評価が悪くなります。だから勤続年数も審査では重要になってきます。

それで転職直後にキャッシング増額を申し込んだ場合は、勤続年数がほぼ無いわけですから、属性で不利になり審査に落ちやすくなります。それ以上に転職したとなれば収入が変わります。収入が上がったとしてもそれを証明出来る物が有りません。そして増額の審査に必要な収入証明書の提出が出来ません。

収入証明書自体は提出出来ますが、それは前職の物だけですから、それを提出しても審査には使えませんから提出するだけ無駄です。ゆえに転職直後は、キャッシング増額は収入証明書が提出出来ないから、審査にすらならないということです。

しかし転職直後でもキャッシング増額は可能です。転職したことを黙ったまま増額申請をして、収入証明書は前職の物を出して、審査に通り増額されてから、転職したことを借入先に報告すればいいです。借入先は転職日を知りませんから、そのまま顧客情報を変更するだけです。

そして転職したからといって増額分を減額したり、審査をやり直すということは無いので、そういう面も全く問題ないです。借入先も返済さえきちんとされれば問題無いとして、返済が出来るかとりあえず様子見をします。

最近は勤続年数にあまりこだわらなくなってきて、その点は審査がゆるくなっています。しかし収入証明書の件は相変わらず重要だから、前職の物は受付されません。それでも大事を取って、増額された後に転職を報告する方がいいです。審査に落ちた場合も報告はしておいた方がいいです。報告をしておかないと後でトラブルの元になります。

転職直後でキャッシング増額をすることは収入証明書の件で難しくなるから、転職前に増額を申請するか、収入証明書の提出が不要なところで申請を出すしかないです。
(⇒融資で収入証明が大事になる場面

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.