自営業のキャッシング審査とはいったいどんなもの?

30代の自営業の男性です。数年前に、脱サラして事業を始めました。銀行などの融資は、何度か受けました。でも、貸付の審査に時間が長くかかります。この間は、急ぎで資金が必要になりました。ゆっくりしていると、仕事が逃げて行ってしまいます。キャッシングというのが流行っています。サラリーマンが利用者の中心かと思っていました。それが、自営業者も、キャッシングで、資金が借りられると聞きました。申しこめば、借りられるのでしょうか。

自営業でキャッシング審査を通すんだったら信用してもらうこと

自営業者がキャッシングで借りるとなると、どんな問題があるのでしょうか。まずなんと言っても、収入が不安定だと言うことです。サラリーマンのように、毎月きちんと給料が入ってくるわけではありません。借りる側としては、立場が不利です。収入が多い月もあるかもしれませんが、少ない月もあるでしょう。事業の今後の見通しはどうでしょうか。果たして、貸す側としては、この人に資金を貸しても大丈夫と、思ってくれるのでしょうか。

ここで、キャッシングの手続きの流れを見てみます。普通は、借入申込、貸付審査、貸付決定、貸付契約、カード発行、借入、返済という流れです。つまり、貸付審査で貸付が不適当と判断されれば、貸付は見送られます。通常は、返済は月賦です。毎月いくらと決めて、銀行の口座引き落としを使っている人が多いようです。貸す側としては、毎月きちんと決まった返済金をそろえて、払ってくれる人が望ましいと考えています。そこで、貸付審査で貸付適当となるためには、どうしたらよいのでしょうか。

極端な言い方をすると、直談判です。といっても、強引な申し込みをするわけにはいきません。私は、約束を守ります。それを伝えます。端的に言えば、相手を信用させることです。これだけ貸してくれたら、きちんとこれだけお返ししますと、誠意を持って伝えることです。サラリーマンでも、返済に遅れる人もいるでしょう。自営業者でも、約束通りに手続きをして、遅れずに返済してくれれば、貸す側の信用は得られます。いつでもある程度の金額は返せるように、節約して貯金する心構えを持ちます。

具体的には、どうするのでしょうか。申し込みも、今は便利な時代で、スマートホンでしてしまう人もいます。しかし、場合によって、電話で担当者に概要を話して見ます。申し込みの前に、相談をして、相手の意向をつかみます。無人契約と言うより、対面契約を目指します。必要に応じて、返済計画も伝えます。資料としては、収入証明者になる確定申告書の写しも、そろえます。内容がよくなければ、残念な結果になることもあるかもしれません。うまく行って、借りられたときは、借入額は、少なくても我慢します。

【参考ページ】
仕事によっては融資を受けるのにも一苦労?

自営業のキャッシング審査とはどうなってるの?

通常、キャッシング審査は申込者の給与明細や源泉徴収票などが必要であり、これらの書類から申込者の返済能力が判断されます。ここで一つの疑問として自営業のキャッシング審査とはどうなっているのか気になるものです。自営業の人は会社で雇用契約を結んでいないので、給与明細や源泉徴収票を用意できないため審査の内容は不思議と感じる人は多いと思います。
(⇒仕事によって融資審査結果はそんなに違うの?

まず、最初に答えを言うと自営業でも正社員やアルバイトの人などと同じです。自営業でも収入証明を用意することができます。自営業の場合は確定申告を収入証明として利用するので、これによって年間の所得はしっかりと判断されます。当然、年間に所得がなければ返済能力は低いと判断されるので審査で落とされることは多くなります。
(⇒パートタイムはお金を実は借りられる?

自営業の人のためにキャッシングの申し込み方法を紹介しておきますと、上記に書いたように確定申告書で年間の所得がしっかりとある人は返済能力を示すことができるので、好きなキャッシング会社を選んで希望額も好きな金額で申し込めばよいです。あとは返済能力から融資額を決定してもらうことができます。

次に自営業の人でも確定申告書を用意できない人や年間の所得がない人は銀行キャッシングから収入証明不要という内容を選択します。そうすると、この場合は身分証明だけで申し込むことができるので所得があろうがなかろうが関係ありません。審査で年収は不問なので簡単に合格することができます。

申込時の職業欄には自営業や個人事業と書いておけばよいです。在籍確認については勤務先が自宅なら自宅へ連絡がやってきます。住所などの確認が取れますと、収入証明不要だとそのまま簡単に審査に通ることができるので、この申込方法はかなり便利です。しかし、収入証明が不要ですと、各社の最大極度額に近い大口融資は受けることができません。これだけ大きな金額を借りるためには絶対に収入証明が必要となるのでしっかりと覚えておきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.