今すぐ知りたい!キャッシングができない理由

生活費のために借り入れをしたいのですが、年収が高くてもキャッシングができないという人がいますが、その理由を知りたいです。(参考ページはこちら→何故キャッシングが使えないの?) 

収入以外に重要な事がいくつかあります

キャッシングの利用率を男女で比較すると7:3になりますが、これは男性の方が審査に受かりやすいからなのです。他にも独身より既婚者、居住形態が賃貸よりも持家の方が審査で優遇されます。このようなポイントが10項目以上あるので、勤務している会社が上場企業であったり、役職がついていたりすると、審査の属性は上がります。(参考ページはこちら→大企業勤めなら融資も受けやすい?

収入が高くてもキャッシングできない場合、借り入れ金額を見直すことも重要になってきます。これは年収の3分の1以上の借り入れはできないという、法令があるためです。年収300万円の人は、100万円以上の借り入れができないことになります。

また数社から多額の借り入れをしていたり、過去にキャッシングやローンで延滞があると、審査では不利になります。また借り入れをしやすいように、申し込み時に嘘の申告をする人がいますが、借り入れ情報は5年間、信用情報機関に登録されているので、それらがバレると借り入れができないだけでなく、告訴されることもあるので注意しましょう。

消費者金融や銀行などの貸金業者のホームページには、借り入れに対する返済額などをシュミレーションできるツールがありますので、活用してみましょう。キャッシングは小口融資が専門なので、1回の借り入れ金額の平均は10~15万円です。無理の無い借り入れを心がけましょう。

キャッシングできない理由を教えてほしい!

キャッシングは各社において審査に合格しなければ利用することができません。審査で不合格になると、どうして?と思うことがあります。キャッシングできない理由はいくつかあるのでしっかりと覚えておくとよいです。

審査に合格するためには3つの重要なポイントがあります。この3つのポイントのどれかで問題があると不合格になるケースが多いです。まず1つ目のポイントは信用問題です。お金を借りるためには信用されなければなりません。信用の判断基準は過去におけるお金の借り方にあります。例えば、返済を何か月も延滞したり債務整理をしたことがあるとそれは記録に残っているので、こうして信用がないと判断されます。信用は期間が経つともとに戻るので、それまで申し込みを控えるか信用が落ちていても合格しやすい会社を探すとよいです。
(⇒お金を借りやすい金融業者についての補足

2つ目のポイントは他社でお金を借りているケースです。申込時に他社で借入している状況だと、その借金は考慮されます。借金の金額が高いほど審査に通るためには大きな返済能力が必要です。こうした状況の場合、先にしっかりと借金を返済することで審査に合格しやすくなります。別に借金を持っている状況でも返済能力が高い人なら問題ありませんが、やはり返済をして少しでも借金を減らしておくほど有利になることは間違いありません。

3つ目のポイントは年収です。年収は返済能力を示す上でとても重要な要素です。年収が低いほど審査に合格しにくいです。しかし、この年収に関しては上記の2つのポイントに比べてうまく対処することができます。簡単に言いますと、キャッシングは無職でも利用できます。収入証明不要で申し込める会社を探せば審査で年収は問われないので、低所得者でも楽々と合格できるケースが多いです。

このようにキャッシングできない理由はいくつかあり、3つのポイントに該当する場合は不合格になることが多いので、お金を借りる際の基礎知識として覚えておきたいものです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.