メリットは?銀行の主婦向けキャッシング

キャッシングベスト3

銀行系の主婦向けキャッシングに申し込み!メリットは?

わたしは30代の主婦ですが、銀行系の消費者金融に主婦向けキャッシングの申し込みをしたいので、メリットが知りたいです。

銀行系の特徴は金利が低いことです

キャッシングは独立系の消費者金融がメインではありますが、最近では消費者金融が銀行と提携してキャッシングを行っているので、安心して利用する事ができます。主婦向けキャッシングというよりは、女性専用のキャッシングサービスがあって、専用の回線により、全て女性のオペレーターが対応していますので、気軽に問い合わせすることができます。

独立系の消費者金融に比べて、銀行系は金利が低いのが特徴です。キャッシングの最大金利20%に対して銀行系は17%前後です。また30~180日間無利息サービスもあるので、より安心した借り入れができます。申し込みもパソコンやスマートフォンから365日24時間受付可能で、即日自分の口座に振込みされます。主婦でもパート、アルバイト、派遣社員などで、少しでも収入があれば借り入れば可能です。毎月の返済も自分の口座から振替ができるので、延滞の心配もありません。

ただキャッシングの借り入れ金額の相場は5~20万円なので、自分の収入に見合った借り入れが重要です。多数の会社から借り入れをすると、返済計画が立てにくくなり、最終的に延滞してしまうこともあるので、注意しましょう。銀行のホームページには、返済シュミレーションツールがあるので、借り入れの前に、返済金額がどのくらいになるのか確認しておきましょう。

銀行主婦向けキャッシングが人気な理由について

銀行主婦向けキャッシングが人気になっています。主婦が借りられるカードローンやキャッシング・サービスはここ数年でとても多くなってきています。もともと月収制のサラリーマンや所得が多い医者などが利用できると言われていたキャッシング・サービスが一般の主婦でも利用できるようになっています。

特に銀行系のカードローンやキャッシング・サービスが人気が出てきています。主婦は基本的に収入が少ない場合が多い事が多いですが、年収で審査を受けられる事もあり、アルバイト・パートをしている主婦の場合はキャッシング・サービスが利用できる場合が多いようです。また、旦那さんの保証を利用してキャッシング・サービスを利用している方も増えています。

キャッシング・サービスの審査は収入と借入状況で審査されますが、収入について月収でのチェックから年収のチェックに変更になったこともあり、アルバイト・パートをしている主婦でも、年金暮らしの主婦でも利用できる場合が増えています。利用可能額については収入と借入状況から審査されますが、殆どの場合は満足できる借り入れ可能となることが多いようです。

銀行主婦向けキャッシングの場合、消費者金融のキャッシング・サービスとは違い、法的制限を受けないことが多いですが、各銀行とも法的制限である、借りての総収入の3分の1を超える現金を貸してはならないという制限に準拠した制限を社内規程でも受けている場合が多く、審査の際もチェックが厳しくされることが多いようです。
(⇒総量規制が適用されるケース

ただし、主婦が審査される場合でも、家庭全体の審査ではなく、個人として審査されますので旦那さんの借り入れが多い場合でも審査が通ることが多く、また、借入可能額についても個人での審査となります。借り入れが可能額については個人的な収入と個人の借入状況で借入可能額が判断、決定されますが、旦那さんの保証を入れた場合でも借入可能額は増やせないので注意が必要です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.