頻繁なお申し込みは審査にどう影響するか

キャッシングベスト3

お金を借りられない人のために、キャッシング審査必勝法を教えて

消費者金融への融資を今月だけで3回申し込んでいるのですが、全て落ちてしまいました。キャッシングの審査に必勝法が存在するなら、是非教えて下さい。やはり、短期間に何回も申し込まない方が良いのですか?よろしくお願いします。

コツさえ掴めば審査は簡単です

これだけでは詳しい状況や履歴が判断できませんが、とりあえず「キャッシングの契約は初めて」という前提でお話しますね。キャッシングサービスの審査にはいくつか注意点があり、それさえ気を付けておけば、審査は決して難しいものではありません。以下を踏まえた上で、是非再挑戦して下さい。

まずは、意外と見落としがちな融資限度額です。いきなり50万円や100万円の融資限度額を申請すれば審査への影響は免れませんし、また、総量規制と言って、年収の1/3以上の融資は受けられないようになっています。最初は10万円か20万円、多くても30万円程度に抑えておけば、オペレーターの印象は良くなるでしょう。

次に、勤務先への勤続年数と電話確認です。当然、勤続年数は長ければ長いほど有利に働きますし、1年か1年未満かでも大幅に印象が異なりますので、勤続1年未満という方は、審査を遅らせるのも手でしょう。そして審査の最難関とも言えるのが、勤務先への電話確認です。部署が大人数で慌ただしかったり、電話営業と勘違いされてしまいそうな場合は、前もって話を通しておくと確実です。

そして最後に、お申し込みのスパンとなります。お申し込みの履歴は信用情報機関に登録されています。幾ら審査を落ちてしまったからといって、短期間に連続して申し込んでいるようだと、却って審査に悪影響を及ぼしてしまうでしょう。ここはグッと堪えましょう。

キャッシング借りられない人のために参考情報

急なお金が必要になった時に、とても便利なのがキャッシングです。キャッシングの契約さえしておけば、好きな時に、何度でも、限度額の上限までならお金を借りることができます。しかも、いちいち窓口に行くこともなく、銀行やコンビニのATMから手軽に引き出すことができるのです。友達から急に食事に誘われたときや、彼女の誕生日が近づいた時などに、あればとても便利なのがキャッシングのカード一枚です。

さて、キャッシングと言えば聞こえはいいのですが、結局のところ、借金であることに変わりはありあません。借金する際には、信用力に関する審査が必要です。信用力がない、すなわち返済能力がないと判断された場合には、お金を借りることができないのです。過去に債務整理の履歴がある人をブラックと言いますが、ブラックだと審査で落とされても納得できます。しかし、ブラックではないのに、審査で落とされてしまうと、落ちた理由を知りたくなります。理由のほとんどは、クレジットカードの未払いです。数か月にわたる未払いの履歴があったりすると、審査で落とされる可能性があります。月々の携帯料金の中にもクレジット支払分が含まれていますので、注意して下さい。

さて、お金を借りられない人のために、参考情報です。もしクレジットなどの理由で審査に落とされた場合は、大手ではなく中小の消費者金融を訪ねてみて下さい。闇金ではなく、きちんと法定金利で営業をしている健全な消費者金融です。中小の顧客は、大手の審査で落とされた人が多いため、大手よりも審査が緩くなる傾向があります。つまり、クレジットの未払いがあったとしても、現在ではきちんと返済していける安定収入がある場合には、融資をしてくれるところもあるのです。そのような顧客を対象にしなければ営業が成り立たない、と言う実情もあるのでしょう。
(⇒中小消費者金融の特徴について

ただし訪ねる時は、自分にクレジット未払いの履歴があることを、あらかじめ自己申告しておきましょう。自己申告で判明する場合と、業者が信用情報機関に問い合わせて初めて分かる場合とでは、明らかに印象が違いますので。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.