キャッシングの審査に落ちる主な理由とは何ですか

キャッシングの申し込みを考えていますが、審査に落ちると1ヶ月は履歴が残るので、すぐに次の審査を受けない方が良いと聞き、尻込みしています。キャッシングの審査に落ちる主な理由とは何ですか?通る人と通らない人には一体どんな違いがあるのか、審査の参考にしたいのです。
(⇒審査内容から落ちる理由を考えてみよう

真っ当な生活を営めていれば、審査に落とされることはありません

総量規制という決まりはご存知でしょうか?これは年収の1/3以上の借り入れを禁止する決まりで、審査に落ちる主な理由は、この総量規制が関係しています。例えば既に他社と契約を結び融資を受けていた場合、その限度額+今回希望する限度額が年収の1/3以上になってしまうと、その時点で審査に落とされてしまうのです。運良く落とされなかったとしても、限度額は引き下げられてしまうでしょうね。
(⇒総量規制の適用ケースについて

文面を見る限り、カード類の契約は初めてのようですが、もし別の消費者金融や銀行、クレジットカードの契約があるなら、注意して下さい。今回お申し込みをされるサービスが他より魅力的なものなら、思い切って一本化してしまうのも手ですね。事前に、全てのカード類を解約をしてしまいましょう。

それ以外の理由となると、お申し込み時の記入漏れや誤字脱字でしょうか。運が悪いと、虚偽の申告をしたと見なされてしまいますので、お申し込みの際は慎重に記入をし、何度も推敲をして下さい。推敲を怠れば、通るものも通らなくなってしまいます。

キャッシングの審査に落ちる大きな原因とは

キャッシングの審査に落ちる場合には、どのようなことが原因となっているかを確認しなければ、どの金融機関に審査を申し込んだとしても、おとされてしまうことになります。なので原因を把握し、それを改善しなければ、いつまでたっても借入を行うことは難しくなってしまうのです。(参考ページはこちら→審査落ち理由を知るのはそんなに大事?

審査に落とされてしまう原因に、無収入であることが挙げられます。これは収入が無いと、例え借入を行ったとしても、借り入れた分の金額しか返済を行うことが出来ないからです。キャッシングでは、借り入れた金額よりも、かならず多くの金額を返済しなければなりません。これは当たり前のことですが、無収入の場合には、この上乗せした金額を支払うことは難しくなってしまうのです。

また収入があったとしても、勤続年数が極端に短い場合には、借り入れを行うことが難しくなってしまいます。キャッシングは性質上、長期間の利用を行う金融商品です。そのため利用期間中には、何度も借り入れや返済を行うことになるのです。なので長期間安定した収入を持っていなければ、利用することが難しくなってしまうのです。

勤続年数が少ない場合に、審査に落とされやすくなってしまう理由には、長期間の安定した収入を得続けることを期待することが出来ないからです。すぐに仕事を辞めてしまったり、また仕事を変更する場合には、安定した収入を期待することが出来ないのです。なので極端に勤続年数が短い場合には、収入が無くなってしまう可能性が高いために、審査に通ることが難しくなってしまうのです。

既に複数のキャッシングを利用している場合にも、審査に落とされやすくなります。これはキャッシングを利用しているのに対し、さらにキャッシングを利用する、ということは既にかなりのキャッシングを利用している可能性があるからです。現代会の収入では、既に利用しているキャッシングの返済を行うことが出来ないために、さらにキャッシングを利用して返済を行おうと判断できるために、審査に落とされます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.