はじめての借り入れ!キャッシングの年齢制限が知りたい

キャッシングをはじめて利用するのですが、年齢制限があれば知りたいです。

基本的には20歳以上70歳未満です

キャッシングの利用可能年齢は20~69歳ですが、定期的な収入があれば18歳から借り入れ可能な場合もあります。しかし20歳以上の収入がある成人なら誰でも借り入れができるとは限りません。
(⇒融資では収入の有無がとても大事です

まず総量規制の問題があります。これは年収の3分の1以上の借り入れができないという法令で、2010年に制定されました。自己の収入に対して借り入れ限度額が設定されているので、年収が150万円であれば50万円以上の借り入れはできません。

また他社から3ヶ月以上、借り入れを滞納している場合も借り入れができません。これは信用情報機関で調べればすぐに、分かるので嘘をついてもすぐにバレてしまいます。キャッシングだけでなく、クレジットカードやローンも組めなくなるので、注意が必要です。
(⇒嘘は審査落ちの理由として十分

ただ中小の消費者金融の中には、過去に長期滞納の経験があっても借り入れができる会社もあります。しかし審査は通常のキャッシングに比べて厳しくなります。まず正社員であること、在籍確認がとれる、収入証明書の提出、社会保険に加入しているなどの条件が必要になります。

キャッシングは小口専門の融資サービスなので、自分の収入や生活習慣に合った借り入れ額を設定する事が重要です。また借り入れ目的によっても、審査の属性が変わってきますので、注意しましょう。

キャッシングの年齢制限は何歳から何歳まで?

キャッシングはお金を借りる行為です。そのため、その人の責任能力が非常に大事な要素となってきますから当然、未成年は借りることはできません。逆に、年齢制限は上限も設けられています。高齢であっても業者の設定した年齢制限に引っ掛かるようであればキャッシングを受けることはできないのです。その点は、しっかりと注意しておくべきでしょう。

キャッシングの年齢制限は一体何歳から何歳まであるのでしょうか。年齢制限の下限の方は、先ほども述べたように大体20歳以上でないと借りれないというのが普通です。20歳未満では審査を受けることさえできないのです。年齢制限は、やはりまずはしっかりと確認しておくことが必要と言えるでしょう。

ですが、逆にキャッシングでは上限も設けられています。つまり、年を取り過ぎていても利用することができないという事なのです。年を取りますと、お仕事を退職して年金暮らしになるなら、収入の面で現役世代に対して見落としてしまうの避けられません。また、年もとりますと責任能力も徐々に衰退して行きますからある意味、お年寄りがキャッシングを利用するのも難しいと言えるでしょう。

ただし、上限の方はキャッシング会社によって大きくばらつきがあります。65歳未満ならばOKという所もあれば、69歳未満までOKという所もあるのです。その点は、自分の借りたいキャッシング会社の年齢制限の方を確認してみる必要があるでしょう。年齢制限に引っ掛かっていたらその会社からの借り入れは諦めるしかありません。
(⇒融資が使える限界年齢

このようにキャッシングを借りるにもどうしてもしっかりと年齢制限をクリアしていなければなりません。現在就労中の現役世代の方は心配する必要はありません。しかし、学生であったりもう直退職する方は年齢制限の方をしっかりと確認しておくことが大事です。大学生なんかも20歳になるまでは借りることはできませんのでその点はしっかりと理解しておきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.