即日キャッシングを申し込んで断られるのはなぜですか

居酒屋でアルバイトをしているフリーターです。居酒屋なので、夕方からしか働けないこともあり、貯蓄はまったくありません。居酒屋でのバイト代もあったらあっただけ使ってしまい、給料日前はいつもひもじい生活をしています。クレジットカードの支払いも何度か滞ってしまい、つい先日、クレジットカードの利用停止の案内がきちゃいました。

クレジットカードがないとかなりやばいです。生活のための買い物は、ほとんどクレジットカードに頼りっきりだったので、なくなってしまうともう生活していけません。クレジットカードがないので、即日対応のキャッシングに申し込んだのですが、断られてしまいました。アルバイトもして一定収入はあるのに納得がいきません。収入があれば貸してくれるはずですよね?なぜ断られてしまったのか理由が知りたいです。(参考ページはこちら→融資審査に通らない理由はたくさんあります

クレジットカードの利用停止が原因と思われます

即日対応のキャッシングということは、消費者金融で申し込んだのでしょうか。ちなみに、「一定収入があれば誰でも審査に通る」という考えは間違いですよ。大間違い!どちらかというと、収入の額ではなく、その人の属性が一番大事なんですよ。審査が通らなかった理由としていくつかありますが、順番にみていきましょう。

いちばんの理由として考えられるのは、個人の属性です。属性とはその人個人の金融関係の記録みたいなものだと思ってください。世の中にさまざまな金融機関がありますが、そのすべてが信用情報というものでつながっていると思ってください。例えば、ある人がどこかでキャッシングをして返済もせず、さらに違うところでまたキャッシングしようとしても、まずできません。これは、信用情報に「返済していない人」と記載されているのが原因です。キャッシングを申し込んだときに必ず審査がありますよね。その審査が個人の信用情報をチェックしていることになります。消費者金融だろうが銀行だろうが、すべて筒抜けです。
(⇒審査において重要なのは個人情報?

今回は、クレジットカードの引き落としができなくて止められたということなので、これが原因でしょうね。クレジットカードを使っておいて、支払いをしていないということが、信用情報に間違いなく記載されているはずです。キャッシングを申し込んだ金融機関が、信用情報を確認して、審査を通さなかったと思われます。

その他の理由としては、申し込み時に融資額を高く設定しすぎていませんか?消費者金融は、総量規制の対象なので、年収の1/3までが融資額の上限となっています。1/3以上の額を申請したがために落とされてしまったということも考えられます。

ちょっとしたミスで考えられるのは、居酒屋でアルバイトしているという確認が取れなかったということも考えられます。キャッシングの審査では「在籍確認」がありますが、審査の担当者が居酒屋に電話したとき、たまたま電話に出た人が「そんな人いません」なんて言ったとしたらそこで審査は終了です。在籍確認が取れなかったということで、審査に落とされることになるでしょう。

気を付けなければいけないのは、キャッシングの審査に通らなかったからといって、すぐに違う金融機関で申し込もうとしないこと。最低でも1ヶ月は経ってから申し込むようにしてください。信用情報の存在を忘れてはいけません。立て続けに申し込んでも、次から次へと落とされるだけです。今やらないといけないのは、クレジットカードの支払いをきちんと済ませて利用停止を解除してもうことです。とにかくバイトしまくってまずはここをクリアにしましょうね。

即日キャッシングを断られる人の特徴について

即日審査、即日利用可能なキャッシング・サービスが増えていますが、手軽になったのに断られる人も少なくないようです。一般的に現在のキャッシング・サービスは契約しやすくなっています。キャッシング・サービスの契約が断られている場合にはいくつか問題があると思われます。

1つ目の問題は他社からの借入状況が悪い場合です。キャッシング・サービスは主に消費者金融が行っていますが消費者金融が現金を貸し出す際には法的な制限があります。法的制限とは貸し出す相手の総収入の3分の1を超える現金を貸してはならないというものです。そのため、借り入れ状況は各社で共同管理しており、キャッシング・サービスの新規申し込みだけではなく、更新時や借入時にも借入状況を確認することになっており、借り入れが法的制限を超えないように管理されています。

2つ目は収入に対する借入希望額が多すぎた場合です。法的制限もありますので借入希望額が多すぎる場合には審査が通らないことも多いようです。中には法的制限に合わせた借入希望額に変更して審査が通ることもありますが、多くの場合は借入希望額が大きすぎる場合は審査を通さないようです。そのため、借入希望額は他かからの借り入れ額と収入とのバランスを考えて申告することをおすすめします。

3つめは収入が少なすぎる場合です。アルバイト・パートでもサービスを利用できるようになってきていますが、年収による審査となるので、一度も確定申告をしていない場合など、収入が確定できない場合には審査が通らないことがあります。金融機関や消費者金融問わず、現在の各種ローンサービスの審査は効率化されており、時間短縮がなされていますが、その分、人間の判断が入らないことになります。そのため、借入額が多すぎる、収入が確定できないなど、人間だったら、説明すれば分かってもらえるのではないかという曖昧な部分は審査時にない厳密な審査となっています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.