個人事業者はキャッシングで不利って本当?

キャッシングベスト3

個人事業者はキャッシングで不利って本当?

個人事業者はキャッシングで不利なんですか?自分はネット販売などで個人事業を行い生計を建てています。運営的には有る程度安定はしているのですが、商売をしている関係で急に資金が必要になったり、売れてから現金が入るまで日数が掛かったりしますので、いざという時にお金が用意できるようにキャッシング契約をしたいと考えています。一応会社にすれば社長なのでキャッシングやクレジットカードなど作りやすいかと思っていたのですが、調べてみると意外に個人事業主などは逆に不利だという情報も聞いてびっくりしています。本当なのでしょうか?

個人事業主より会社員の方が審査は通りやすいようです

良く言われる事ですがキャッシングやクレジットカードの審査では個人事業主や小規模会社の社長よりも会社員の方が審査は通りやすいようですね。その理由としては、安定性が会社員の方があるからという理由のようですね。逆に個人事業主などは大金が入る可能性があるけど、無一文になる可能性も有るというように考えられているんですね。貸し付ける方としては、大金が入ろうと戻ってくるお金が増えるわけでは無いので、リスクを冒すよりも確実に貸し付けたお金を利子を付けて返済してくれる方を相手にした方が良いのですね。

キャッシングの審査時の重要項目としても、収入も重要ですが、それより在職歴の方が重要視されるようです。収入が高ければ上限金額を高めに設定し、低ければその分低くすれば済む話なので、収入が高いから契約できる可能性が高いという訳でもないのですね。契約するどうかはむしろ長期に渡って継続的に返済をできるかどうかの信頼度によって決まるようですね。ですから個人事業というリスクの高い仕事より、勤続年数の長い大手会社の会社員の方が評価としては高くなるという事になります。

個人事業主で有れば、キャッシング会社でなく、銀行へ相談に行ってみたらいかがでしょうか?銀行もキャッシングは行っていますし、金利もキャッシング会社より全然低くやっています。そして銀行は経営の専門家がいるので経営の相談にも乗ってくれるかもしれません。融資という事になれば長期で契約も可能ですし金利も全然変わってきます。専門家の意見を聴けるという事も事業をやっていく上では非常に重要な事でしょう。一度銀行の門を叩いてみる事をお勧めします。

【参考ページ】
仕事による融資審査の有利不利

個人事業者の利用できるキャッシングの種類

個人事業者の方の利用できるビジネスローンには、幾つかの種類があります。その中でも銀行系の金融機関が提供するキャッシングは、比較的金利負担を抑えての借り入れができるものです。そのため、この事業資金の融資で、個人事業主の方が利用できるビジネスローンとしては、銀行系のサービスが有利になると考えがちですが、審査や申込みの手続きが非常に入り組んでおり、多くの手間と時間が必要になったり、準備しなければならない書類の数も増えてしまうということから、中々希望した通り融資を受ける事ができなくなってしまうのです。また、大手銀行系の事業者向けのキャッシングでは、審査基準が厳しいので、中々審査に通らないということもあります。(参考ページはこちら→銀行ならやっぱり審査基準も厳しくなるの?

しかし、ビジネスローンの中でも、銀行系の金融会社からではなく、ノンバンク系の業者から融資を受けることで、これらの問題を解消することができます。しかしながら、金利の面では銀行系と比較するとやや不利な条件になりますので、予め複数の業者を比較して、個々の融資条件に見合うサービスを探す事が重要になるのです。

また、このノンバンク系の融資の場合は、短時間でお金を用意したいときにも有効活用できるもので、条件によっては即日でも融資を受ける事ができるのです。このノンバンク系のビジネスローンには幾つかの種類があり、不動産の担保を提供するサービスや、売掛債権などを担保にするものもあります。また、担保が必要なキャッシングは、融資限度額も審査基準も大きく異なっていますので、予めこの融資の種類別で異なる特徴を把握しておく必要があるのです。特に、このビジネスローンで、売掛債権の担保を用いて融資を受ける場合や、決済での手形を金融機関に譲渡して融資を受けるサービスでは、融資条件が緩和される事が多いので、予め入念にその内容を調べておく必要があるのです。そのため、事業資金で活用出来るキャッシングのサービスを選ぶ場合は、これらの点を把握しておく必要があります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.