素朴な疑問ですがキャッシングって大丈夫なんですか?

飲食店で働いている20前半、男です。高校を卒業してからずっと飲食店のホールスタッフとして勤務しています。一応正社員ですが、給料はあまり良くないですね。ホールスタッフ仲間とよく話題になるのがキャッシングのことです。軽い気持ちでキャッシングをしたがために、自己破産したとか、自宅や会社に取り立てが押し寄せてきて、夜逃げした・・・というイメージがあります。一度キャッシングすると二度と抜け出せない、なんてことも聞きました。わかっているのにどうしてみんなキャッシングするのでしょうか。自分もピンチになったときに借りようと思ったことはありますが、やはりウワサ通り、一度借りるとやみつきになるものなんですか?頭でっかちなのかもしれませんが、先入観ばかりで本当のところがわかりません。素朴な疑問です。キャッシングって大丈夫なんですか?
(⇒みんながよく抱えるキャッシングの疑問について

キャッシングを生かすも殺すも自分次第ってことですね

キャッシングということに対して悪いイメージを持っているようですね。では、本当にキャッシングをした人が破たんするのかどうか考えてみましょう。

キャッシングを利用したことのある人は、日本人口のうち、約1200万人もいるといわれています。これは約10人に1人の割合になりますね。けっこうな数だと思いませんか。それぐらい世の中に浸透しているものなんですね。最初に申し込む年齢は20代がダントツトップで、実際に利用する人は30~40代が多いようです。

もし、キャッシングを利用した人が自己破産や夜逃げなどで破たんするのであれば、この国はとんでもないことになっちゃいますよね。実際に破たんした人がいないとは言いませんが、それはごく一部の人であって、ほとんどの人はまともな生活をしている、ということになります。ウワサというのは、悪いことほど広まる傾向にあるため、キャッシングで失敗した人の、一部の人の話しが耳に入ってきたのでしょうね。

キャッシングをする理由としていちばん多いのは「お金に困っているから」なんですが、最近ではお金に困っていなくてもキャッシングをする人が増えています。例えば、10年ものの定期預金に預けているとします。途中解約すると損をするので解約したくない。でもちょっとしたお金が必要になった場合などに、キャッシングをうまく利用して乗り切るということですね。このようにお金に困っているわけじゃないけど、賢く利用する人が多くなっているのは事実です。最近では、無利息期間をキャンペーンにしたところも数多くあるので、これらを利用すれば定期預金を解約する必要はないということですよね。

結局のところ、キャッシングで破たんするという人は、自分の身の丈に合っていない額を借りたり、計画も何も考えずに借りてしまったからではないでしょうか。金銭感覚がしっかりしていて、借りたものはきちんと返すという自制心があれば、まず破たんすることはありませんよ。自分の収入を把握し、返せる範囲内でキャッシングするというのは、破たんへの道ではなく、自分の未来への賢い選択といえるのではないでしょうか。

悪いウワサを信じるな、とは言いません。キャッシングに失敗した人の話しは、反面教師として参考にするのがいいのではないでしょうか。キャッシングが必要になったら上手に活用して、きちんと返済する。心配ばかりするのではなく、失敗した人たちのようにならないためにも、賢い判断をしてもらえればと思います。

【参考ページ】
キャッシング利用が不安なら安全な利用方法を学ぶべし

キャッシングって大丈夫?危険性はあるの?

普段お金を借りない人はキャッシングって大丈夫?って思うかもしれませんが、これは特に怪しい商品ではありません。もちろん、お金を借りるだけ借りて返済しなければ金融会社から催促されたり督促状を送られることがありますが、基本的に返済日にしっかりと決められた金額を支払っていれば全く何も問題ありません。

多くの人は返済に関して不安を感じると思います。そこで、キャッシングの返済の仕組みを説明します。まず、上記にも書きましたが返済日には何があろうが必ず返済をしなければなりません。もし返済できないと遅延損害金を取られますし、信用が低下します。延滞し続けて放置しますと訴訟を起こされることもあります。それだけ返済日とは重要な日なのでしっかりと頭に入れておいてください。(参考ページはこちら→キャッシングの危険性は自分で招く?

では、返済日になるといくら支払いをするのかを説明しますが、これは返済方法や借入額によります。返済方法とは一括返済や分割返済、リボ払いなどがあります。この返済方法から好きなものを選び、そのうえで返済額が決まります。例えば、一括返済を選択しているなら当然全額を支払うことになるので、ポイントとしては自分が支払える金額に調整できる返済方法を選ぶことが大事です。

返済方法の中でもリボ払いを利用するとかなり小さな返済額に調整できます。このリボ払いにもいくつかの返済方式があるので各社で確認しておきましょう。返済日には返済方法から返済額が決まるので、その金額をしっかりと用意しておきます。そして、ここからが重要なのですが、返済では利息を支払う必要があるので、例えば5万を返済しても借金から5万は減りません。5万には利息が含まれているので5万-利息で残った金額が借金から差し引かれます。

キャッシングは利息を安くするほどお得にお金を借りれて返済も楽になります。そのため、各社の金利を比較して選ぶことが重要だといわれるのです。返済日に気を付けながらしっかりと計画的に利用しましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.