キャッシングが不可?理由はどこにある

わたしは、アルバイトで毎月9万円の収入がありますが、銀行のキャッシングでは審査落ちしてしまいました。理由が知りたいです。(参考ページはこちら→融資審査に落ちる気になる理由

借り入れ金額を見直しましょう

審査では安定した収入というのは、重要なポイントになってきます。しかし銀行の審査は厳しいので、収入が低いと判断されたか、借り入れ金額を収入と比較した時に、多めに設定していたのではないでしょうか。総量規制という法令によって、年収の3分の1以上の借り入れはできませんので、毎月9万円だと1年で108万円の収入ということになるので、この時の最大借り入れ可能金額は、36万円です。

また現在、他社から借り入れしていると言うことは無いでしょうか。複数の貸金業者から借り入れをしていると、審査で落ちる可能性があります。もしくはそのことを正直に申告していない場合も審査落ちに繋がります。借り入れの金額や返済日時、返済方法など個人情報も含めて、政府が法人化した信用情報機関に登録されるので、全国の貸金業者は、それらの記録を調べることによって、その人の過去の借り入れ状況を確認することができます。

ですから申し込みの時には、すべて正直に情報を登録する必要があります。消費者金融でも銀行系の会社は、特に審査が厳しいので、独立系の消費者金融がおすすめです。キャッシングを主力サービスにしているだけあって、多彩なコースから自分に合ったモノを選ぶ事ができます。

キャッシングが不可と判断された時にとる行動

キャッシングはお金を借りるという事であるので、利用の為には審査が必要になります。この審査では、返済能力の有無を調べられると共に、その人物にお金を貸してもしっかり返済する意思を持って返済してくれるかを判断する為に、社会的信用度に関しても調べられる事になります。

まず、年収、勤続年数、他社からの借入額を見られます。年収は利用限度額の設定の際に使用されます。年収が多ければ多い程に利用限度額も上がります。年収の3分の1以上の借り入れは法律で禁止されているので、この年収が上がらない限り利用限度額を上げる事は出来ません。

勤続年数はその人物の収入の安定性を見ています。勤続年数が短いという事は、急に退職してしまう可能性があると判断されます。
(⇒仕事内容は融資審査で重要じゃないの?

また、年齢が30才を越えているのに、勤続年数が1年程度であれば、転職を繰り返していて不安定だと判断されます。出来るだけ年齢に見合った勤続年数が必要です。
(⇒年齢は融資でどれくらい大事?

そして他社からの借入額が一番重要な項目です。既に他社から利用限度額ギリギリまで借入している場合は、審査に通る事はありません。借金を借金で返済しようとしている可能性もあり、そういった場合は返済出来る可能性が低いからです。出来るだけ他社からは借入をしていないか、完済してから新たに申し込む事が大切です。

そして、多くの人が落ちる原因になるのが社会的信用度です。これは、過去に借金の滞納をしていないかどうかを見られます。過去半年の記録が保存されており、一度でも借金の滞納があれば、今回も滞納する可能性があると判断されるので、審査に通過する事は出来ません。

もし、キャッシングの利用が不可だと金融機関に判断されたのであれば、これらの項目のどれかが基準を満たしていなかったという事になります。一番多いのは社会的信用度が基準に達していなかったという事です。審査に落ちた記録や信用情報が記録される半年間は、絶対に再審査を控える事が大切です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.