コンビニ手数料かかる?横浜銀行のカードーローンキャッシング

まとまったお金が必要になり借り入れを検討しています。メインバンクの横浜銀行は小田急線全駅にATMが設置されているということもあり、自宅も仕事場も小田急線沿いなので利用しやすいと考えて横浜銀行での借り入れを考えています。急な出費で持ち合わせがない時にも利用できると考えていて、コンビニでの借り入れ返済もできると聞いて、ちょうど仕事場の隣にコンビニがあるので便利だなと思っているのですが、コンビニを利用する時は通常の銀行キャッシュカードと同じく手数料がかかるのでしょうか?

コンビニ手数料かかる?横浜銀行のカードーローンキャッシング

横浜銀行のカードローンは便利だと思います。コンビニ手数料についてですが、普段使われている通常のキャッシュカードと同じですね。

引き出し、借り入れ、預け入れについては、平日8時45分~18時までが108円。それ以外の平日の時間帯と土日祝日は216円。返済と残高照会については平日は無料で利用でき、土日祝日は利用できません。

手数料はかかりますが、消費者金融で借り入れを行うのに比べると金利が金利も低いですし、銀行は総量規制の対象外となるので年収の3分の1以上の借り入れも可能なので、色々と条件はいいのではないでしょうか?

また、メインバンクが横浜銀行を利用されているということなので、ある程度の情報もわかっているという意味では信用もあると思うので審査にも通りやすいのではないでしょうか。

横浜銀行カードローンならコンビニでも楽々キャッシング

自分はカードローンとは無縁と思っている人は多いようです。今は預貯金があってお金に問題がないとしても、いつお金が必要になるかもしれません。そんな時に持ち合わせがあればいいですが、必ずしもそうは限りません。誰かから借りるという方法もありますが、仮に返済が滞ったらその関係が悪化してしまいます。そんな時便利なのがカードローンです。

これさえあれば簡単に融資を受けられるのです。そんな万が一に備えてカードローンを作っておく人もいるほどです。それなら自分も作っておこうと考えますよね。ところが非常に多くの金融会社から様々な金融商品が販売されているので、どれにしようか迷ってしまいますよね。そんな中から横浜銀行のカードローンをご紹介します。

横浜銀行は地元でははまぎんの愛称で親しまれている地方銀行です。数ある地方銀行の中でも最大の総資産額を誇っている有名な地方銀行なのです。そんな横浜銀行のカードローンについてご紹介します。

申し込み条件は、契約時満20歳以上69歳以下、安定した収入のある方、及びその配偶者、横浜銀行で他の無担保カードローンの取引がない方、保証会社の保証が受けられる方、同銀行、及びSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取り扱いに同意される方、そして神奈川県内全域や東京の一部などに居住か勤務している必要があります。地方銀行なのでお住まいやお勤め先の制限があるのが特徴です。もし、同銀行の指定する地域内にお住まいもしくはお勤めであるなら、同銀行のATMや提携のコンビニATMで気軽にキャッシングできるので非常に便利です。

また住宅ローンとセットの利用で、さらに便利に利用できるカードローンも用意されているので、両者を検討している人にはもってこいです。横浜銀行の指定する地域にお住まいかお勤めなら、銀行ATMや提携ATMも多いので、こちらのカードローンは検討する価値のある金融商品と言えます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.