内定者でもキャッシング契約ってできる?

キャッシングベスト3

就職内定者でもキャッシング契約ってできますか

今学生をしていて就職内定が決まっているものですが、その状態でキャッシング契約ってできますか?就職が決まったのですが、引っ越し費用とかスーツを買わなくちゃいけないとかでいろいろと費用がかさんでいます。アルバイトは一つしているのですが、生活費で精一杯でとてもその費用が捻出できません。それでキャッシングでお金を借りたいと考えているのですが就職してからでないとやはり駄目なのでしょうか?内定も決まって正式に採用と言われているのですが、それでも契約は難しいでしょうか?

内定では在職扱いにはなりません

まず、就職内定が在職扱いになるかどうかですが、これは在職扱いにはなりません。正式に雇用契約が結ばれてなければその会社に在籍している事にはならないのです。キャッシングの審査には在籍確認というのが有り、その会社に在籍しているかどうか電話連絡が有りますので、そこでわかってしまう事ですし、会社に対してもあまり良い印象を与えない事なので、内定先に在職しているという事にはしないようにしておくべきです。キャッシング会社はあくまで在籍しているかを問題にしているので、在籍が無ければ働いていないのと同じ扱いなのです。
(⇒仕事をしていない限りお金は借りられません

ただ在籍しているにしても在籍期間が短ければあまりプラス評価にはなりませんので無理に就職先の在職にするメリットは有りません。今続けているアルバイト先などがあるのであれば、そこを在職先にした方が有利に働く場合も有りますよ。現在では学生アルバイトやパートの人でもキャッシング契約はできますので、高額ならともかく10万円くらいであれば、学生アルバイトでも全然契約できる範囲内の金額です。

どのくらいの収入があるかわかりませんが、現在のバイト先が有る程度長期間やっているという事であれば、条件としては揃っていると思います。キャッシング会社は長期安定して返済能力があるかどうかを審査で判断しますので、借入金額によりますが、給料が上がり待遇の良い正社員でも在籍したばっかりという人より、アルバイトでも長期で働いている人の方が信用度が高いと判断するケースは結構あるようです。ただキャッシング会社によっては対象としている人が違ったりするので、アルバイト・学生でもOKというキャッシング会社を探した方が良いでしょう。

就職内定者でもキャッシングを利用できるの?

若い時というのは、何かとお金がかかるものです。アルバイトをしていても友達付き合いやサークルなどで時に社会人以上のお金が必要なこともあるものです。

そんな時にお金を気軽に準備できるのが、キャッシングといえます。一般的には20歳以上で定期的な収入のある方は利用できますから、学生でもアルバイトをしていれば、お金を借りられるのです。

それでは、同じ学生でも就職内定者の場合はキャッシングを利用できるのでしょうか?その答えは、ほぼOKといえます。どうして確実ではないかというと、就職内定者の場合将来的な返済能力があるということで、審査は通ることが多いのです。

しかしすべてのキャッシング会社の審査が通るかといえば、そこは断言できないからです。あくまでも収入証明書による審査が通常であり、例外的な対応であることは否定できないからです。

そして就職内定者の場合は通常働いている人よりも、一般的に借りられる金額が低くなる傾向があります。(参考ページはこちら→借り入れ上限はしばしば変わる

それはやはり現状では定期的な収入がないということと、内定しているといっても万が一の事情により就職できなくなる可能性があるからです。このご時世ですから、会社による内定取り消しといった事態も考えられます。

そして就職内定者の場合は、通常よりキャッシングの審査に時間がかかることが多くなっています。これも貸し付けにあたり社内で検討が行われている場合が多く、内定を受けた会社の規模や事業内容によって融資できる金額も変動するからなのです。

就職の前後はスーツや靴を揃えたり場合によっては車を購入したりと、何かとお金がかかることが多いものです。そんな時に気軽にお金を借りられれば、とても便利といえます。

定期的な収入がある人に比べて手続きが煩雑な面もありますが、就職内定者でも利用できるキャッシングはとてもありがたいものです。計画的に利用すれば、よりよい社会人生活を送るための、便利なツールとなってくれるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.