キャッシングを申し込むには、一般的にどのような方法があるの

どうしても欲しい物があり、融資を受けようか迷っているのですが、キャッシングを申し込むには、一般的にどのような方法があるのですか?やはり消費者金融の方と顔を合わせて契約を進めるのは気後れしてしまいますし、できれば会話すら交わさずに、手続きを進めたいです。

インターネットからのお申し込みをお勧めします

キャッシングサービスは消費者金融、銀行と、大きく分けて2種類御座いますが、消費者金融で、尚且つCM・インターネット広告で名前を聞く大手ならば、インターネットからのお申し込みをお薦めします。インターネットからのお申し込みならば窓口契約と異なり、担当と顔を合わせる必要はありません。

ただ、手続きを進める上で、指定した電話番号に審査結果のご連絡は必ず入ってしまいますので、オペレーターとの会話は避けられないでしょう。予めご了承下さい。また、消費者金融によっては審査終了後、契約を結ぶ為に自動契約機へ足を運ぶ必要がありますが、こちらはその名の通り、無人の契約ルームとなっています。

消費者金融ではなく、銀行の場合なのですが、一部の銀行は利用者の個人情報を元に、キャッシングの審査を独自に行うケースが御座います。審査が通ると、ATMやWEBの会員サービスにその旨を伝えるご案内が表示され、お申し込みをせずとも融資が受けられるようになります。ご利用されている銀行がキャッシングサービスを提供している場合は、消費者金融に申し込む前に、チェックをしてみましょう。

キャッシングを申し込むには?審査に落ちない丸秘テクニック

給料日前など、急にまとまったお金が必要になることはよくあることです。いざという時に備えてしっかり貯金をしていればいいのですが、まったく貯金がないという人はとても困ってしまいます。そんな時は、誰かからお金を借りるしかないですが、友達などにお金を借りるのはイヤだという人は、金融機関などからキャッソングするのがいいでしょう。

金融機関などでのキャッシングは、担保や保証人をたてる必要がなく、お金を借りる理由についても特に聞かれないので、気軽にキャッシングできます。フリーローンや低金利ローン、学生や女性などといった限定ローンもあるので、自分のライフスタイルに合わせたキャッシングを選択するといいです。

キャッシングを申し込むには?まずは金融機関を選ばなくてはいけません。今すぐ借り入れが必要なら、審査が早くて通りやすい消費者金融を選ぶとよく、金利が低い所がいいなら、銀行系の金融機関に申し込むと良いです。(参考ページはこちら→金融業者には様々なバリエーションがあります

申し込みは、店頭やインターネット、電話やFAX、自動契約機で申し込めます。新規でも早ければ受付から30分程度で完了するのでとても便利です。申し込み用紙や申し込みフォームに入力して提出するわけですが、この時嘘の情報を書いても、あとで調べるとすぐわかるので、必ず本当のことを書いてください。もし嘘を書いていたことがばれると、信用ができない人と思われ、審査に落とされることになります。

名前や住所なども誤字脱字がないことをしっかり確認してから提出してください。誤字脱字があるだけで、嘘を書いていると思われ、審査に落とされます。勤務先に在籍確認のため電話がかかってきますが、金融機関の会社名を名乗ることはないので、キャッシングがばれることはありません。

必要書類は、本人確認ができる運転免許証や健康保険証、パスポートなどを提出しなければいけません。特別な場合を除き、収入証明書は必要ありません。審査に通るとカードが発行され、キャッシングができるようになります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.